デジタル化のいま!あなたはその目を酷使していませんか?疲れ目や眼精疲労を回復させる正しい対処方法は?

近頃はパソコンやスマートフォンの普及に伴い毎日のように画面を見ていますよね。そんな生活で日々目を酷使していませんか?

目の疲れは、肩こりや頭痛を引き起こし、更には眉間にシワを寄せることで表情も変えてしまいます。最終的には心身に悪影響を与えてしまいますよ。

目が疲れきってしまう前に予防することや、その対策を紹介します。

疲れ目の原因とは?

まずは、疲れ目とはどんな状態のことをいうのか、またその要因から見ていきましょう。

疲れ目とは

眼を酷使してしまったときの「目の疲れ」には2段階の症状があります。

眼疲労
誰でも感じる目の疲労で、目のピントを合わせる毛様体筋が固まり、常に緊張状態でモノを見てしまう状態を言います。一過性のもので、通常は目を休めたり睡眠などでそのほとんどは回復します。

眼精疲労
眼疲労を解消できず、緊張状態のままを継続させると、次第に目のピントが合わせずらくなります。我慢の限界を超えた真の疲労であり、目だけではなく体のいたるところが悲鳴を上げはじめます。これの状態が眼精疲労です。

目が疲れたと感じた場合には、眼精疲労まで達しない前にケアすることが重要です。

目の疲れを引き起こす要因とは

目の疲れの要因は主に3つの大きな項目が考えられます。

目自体の不具合:ドライアイや目の視力があっていないことでの疲労
目を疲れさせる環境:スマホやパソコンを見続ける、暗いところでの読書
心身の環境悪化:過労や心身的ストレス、睡眠不足や不安になること

この3つが要因として考えられますが、まずはすぐに対処ができるものから改善していきましょう。

眼精疲労予防やその改善方法

目の周りの血流が悪くなったり筋肉が硬直したりすると、目の周りが冷えてきます。
温めるなどしてその血行を改善しましょう。

目を酷使させない

まず眼精疲労の予防についてですが、誰でもテレビやパソコン、スマホの画面を見ますよね。見ることはやめられなくても、その予防は誰でもできるでしょう。

そうです。いずれも長時間見続けないことですね。
やむを得ず長時間の作業の際には、1時間おきに10分程度目を休ませることが大事です。

とくにパソコン作業時には、目が疲れにくい環境(パソコン操作時の姿勢やモニターとの距離、デスクの高さなど)を整えましょう。

最近では、PC用メガネなどが販売されていますが、メガネを装着する前にできることはたくさんあります。また、メガネがサイズにあっていない時などは、締め付けから偏頭痛を引き起こす可能性があるので、メガネ選びには注意が必要です。

目の不具合や心身的なものは時間がかかりますので、まずはできるところから予防する作戦をとりましょう。

眼疲労くらいであれば、目を休ませたり睡眠などですぐに回復させることができます。
眼精疲労に至る前に予防・対処しましょう。

目が疲れてしまった場合は

一番効果的に、かつ簡単に目を回復させる方法のひとつとして、目を温める方法があります。

具体的には、「蒸しタオル」をレンジで温めて目に乗せる方法です。
少し濡らしたタオルを電子レンジで1分程度、約40℃ほどに温めてから、まぶたの上に乗せ、5分程度かけて目を温めてあげましょう。目のリラックス効果が期待できます。

蒸しタオルが面倒で、片付けもめんどくさいというそこのあなた。

今では市販の使い捨てホットアイマスクがありますので、それは開封して乗せるだけ。簡単ですね。

私の経験上、一番のオススメは「あずきのチカラ」です!
レンチンの手間はありますが、コスパいいし、メーカによれば250回ほど繰り返し利用OKとのことで、今でも愛用(3代目です)しています。更にその効果は抜群です。
ほのかにあずきの香りも漂いますので、香りが脳に伝わりリラックス効果を増大させます!

ほかにも目薬などで回復させる方法もありますが、市販のものだとしっかり調べないと無意味のものであったり、逆に副作用が出てしまうものもあるので、目薬を使うのであれば、眼科にかかり処方されたものを使うようにしましょう。

一番お手軽で効果が期待できるのは、やっぱり「あずきのチカラ」ですね。笑

別にメーカ(桐灰科学様)の回し者でもなんでもありませんよ。本当にオススメなので。

最後に

目の疲れについていかがでしたか。眼精疲労に至るプロセスや、その予防・対処方法について、おわかりいただけましたでしょうか。

基本的に、眼精疲労に至る前に、目の疲れを感じたときにすぐに対処することが一番大事だということがわかりましたね。

今を生きる私達は、どうしても目を酷使することばかりしてしまいます。普段から気をつけ、早めの対処を心がけましょう。
一番簡単なことは予防・対策をし、目の疲れを感じたときには休憩し目を温める。これだけです。