アレクサオート 車でも「アレクサ!お願い○○して!」が通用するかも!?アマゾンが車載用SDKを公開

アマゾンが車の中でアレクサが使える「Alexa Auto SDK」を自動車OEM・開発者向けに提供を開始しました。今後日本では声で使えるアレクサ対応の車載機器の登場が期待されています。

Alexa Auto(エコオート)って?

AamzonEchoが登場し、家の中でアレクサにしゃべりかけて音声認識AIで様々な操作ができることはすでに周知のことではありますが、AlexaAutoはこれを車の中で実現できるという技術です。

8つのマイクでこちらの声を拾ってくれて、現存のAamzonEchoでもそうですが、とっても耳がいいので、この機能が車の中でも使えるとなるとかなり期待大です!
実機がないので、運転中などの騒音状況がどのようになるのかは未定ですが、そこはアレクサ、しっかりと対応してくると思われます。

米国では、フォードがすでに17年夏からアレクサ対応車を販売している他、既存の車載オーディオやカーナビをアレクサ対応にできる車載機器を販売中です。

Alexa Autoでできること

アレクサ、音楽かけて!

AmazonEchoでもできていることを、車の中でもできるので、当然のスキルですね。
これまで同様、プライム会員であれば100万曲、アンリミテッド会員であればなんと4,000万曲以上がドライブのおともとなってくれます。

アレクサ、○○さんに電話して!

車内でのハンズフリー通話は大変ありがたいですね。近年騒がれている「ながらスマホ」で事故が多発しており、事故を減らすことを考えればこのような機能は大賛成ですね。

アレクサ、コンビニどこ?

スマホのマップ機能と連動してルート検索行き先をアレクサが教えてくれるそうです。

カーナビと連動するのであれば、ルートを聞いてナビ自体が道案内を始める・・・というようなイメージです。現行のナビでも音声認識は可能であると思いますが、AlexaAutoは8つのマイクで集音しAIで学習もしてくれるので、さらに的確な指示が可能となる模様。

アレクサ、エアコンつけて!

アレクサの使い方の一つにスマート家電の操作が可能ですので、例えばガレージと連動しておけば帰りに車から降りずに開けてもらったり、家の電気を消し忘れたときや、逆に空き巣対策として外出先から明かりを点けておきたいときなどに活躍しそうです。

また、帰り間際に部屋を暖めておきたいときや冷やしておきたいときなどは、「アレクサ、エアコンつけて!」の一言で、部屋の環境を整えておくこともできますね。

Forget-me-not 勿忘草
Forget-me-not 勿忘草
https://botanical-life.work/post-142/hobby/
Forget-me-not<勿忘草>です。多肉植物などのPLANTS紹介や知って得する色んな分野の情報を発信させてもらいます。

Alexa Autoの今後の展開

トヨタ自動車が19年以降に米国から対応車を発売予定で、他にはパナソニックが自社製品にアレクサやグーグルアシスタントを組み込むと表明しています。

英語圏では「Roav VIVA」が50ドルで発売され、19年内の日本での発売を目指し日本語対応を進めているとのことです。

アレクサ対応機器を装着すれば、どんな車でも音声機能が利用できるようになりますね。
アマゾンは日本でもAlexaAutoの開発キット(SDK)を公開していて、このような動きから、声で使える様々な車載機器の登場が期待されます。

発売後は・・・もちろん購入です!実際車の中で音楽を聴くだけでもスマホをポチポチしなければならないので、プライムミュージックを持ち出せることを思えば、それだけでもAlexaAutoの存在意義は十分ではないかと。

日本での発売待っています!