ディッキアの育て方 観葉植物を室内インテリアに

スポンサーリンク

ディッキアって何?

ディッキアってどんな植物?

学 名 Dyckia
科・属名 パイナップル科 ディッキア属
耐寒性 中
耐暑性 強
日 照 日向
原産地 南アフリカ

ディッキアは、土のいらない植物「エアプランツ」の一種で多年草です。
鋭いトゲを持ち、葉色がきれいな存在感のある植物です。
暑さ寒さ、感想にも強く、非常に育てやすい植物として人気があります。

葉が固く、そのトゲは鋭いので、取扱には注意が必要です。
私も外に出すときなどに、よく刺さります。ただ見た目がすごくカッコいいので、見た瞬間即買いしました!

とても管理しやすい植物ですので、ちょっとした室内インテリアとしても、また本格的に育てるにしても、初心者にはいいかもしれませんね。

ディッキアの育て方

とても育てやすいく夏の直射日光にも耐える非常に日光を好む植物です。生育期(春~秋)は水をしっかりやり、比較的風通しの良い場所に置きましょう。
室内管理の場合は日当たりの良い場所

通年で肥料はあまり必要がなく、生育期は屋外の雨ざらしでもへっちゃらです。
唯一の弱点は日照不足です。日照不足になるとひょろっとした葉になってしまい、元気がなくなってしまいます。

冬場は断水し管理すると0℃近くまで耐えることができますが、なるべく3℃以上を保ち、月に1回程度の水やりで管理しましょう。

存在感があるので、室内インテリアとしてもいいかもしれません。

繁殖の方法

長期栽培していると株の根元より子株が生えてくることがあります。

ある程度子株が成長したら独立させてみましょう。気温20℃を超えた時期に独立させるのが安心です。

方法は・・・
  • 株元から生えている子株をしっかりつまみ、根本から真横へ押すようにすると折ることができます(子株が芯を残して折れてしまうことがあるので注意)。
  • 独立させた子株と、親株の切り口は乾かす必要はありません。
  • 子株は根本から別の鉢にしっかりと埋め込みこれまでと同じように管理してください。2ヶ月~3ヶ月程度で根が生え成長し始めます。
  • トゲトゲが痛いので、子株がよく見える植え替えのついでに行うと良いかもしれません。
POINT・ディッキアの育て方は、多肉植物と変わらないけど多少違いがある
・ディッキアの水やりは、多肉植物よりも多めで雨ざらしでも大丈夫
・葉やトゲが痛いので、怪我に注意(とくにお子様や、犬さん猫さんが触れないように)
・植替え等の作業時にはゴム手袋や厚めの手袋必須です