チワワ砂漠原産の紫太陽の育て方 観葉植物を室内インテリアに

スポンサーリンク

紫太陽って何?

紫太陽ってどんな植物?

学 名Echinocereus rigidissimus ssp. Rubispinus
科・属名サボテン科 エキノケレウス属
耐寒性
耐暑性
日 照日向
原産地メキシコ – チワワ州
チワワ砂漠(Desierto de Chihuahua)

紫太陽は、メキシコ原産の「太陽」の変異種で、繊細なトゲで覆われていて、頭頂部付近から全体に鮮やかな紫色のトゲを生やします。

春になると花を咲かせ、太陽に当てるとピンクの色が更に濃くなります。全体的に鮮やかな色合いが目を惹く人気の品種ですね。

紫太陽の育て方

紫太陽は年間通して日光のよくあたる場所で管理します。もともと遮蔽物のない砂漠地帯に自生しているため、日光には十分当てる必要があります。日光が不足してしまうと、細長く徒長したり赤紫のトゲの色が薄くなったりします。

ただし、真夏の西日や、冬の断水期間は日光が強すぎると株にダメージを与えることもありますので、適度な遮光もしてあげましょう。

春から秋にかけて成長しますので、水やりは成長期は用土が乾いて数日たってから水やりをします。常に用土が湿っていると根腐れをしやすくなってしまうので、潅水と乾燥のメリハリをつけて水やりをしましょう。秋から冬にかけては断水気味にし、水やりをする際は天気の良い暖かい午前中に少量にしましょう。

肥料は、薄めた液肥や緩効性化成肥料を成長期に少量与えてください。

暑さには強いですが、蒸し暑さには弱いので基本的に風通しのよい場所で管理しましょう。

植え替えの方法

根詰まりをしているときは、古い根をカットし整理をしてから植替えをしましょう。その場合太い根をカットしないように気をつけ、春から夏前までに植替えをし、根はしっかりと乾かしましょう。根が乾き1週間から10日後くらいに水やりをします。

POINT・水やりは潅水と乾燥のメリハリをつけて
・日当たりの良い場所で管理しましょう(適度な遮光を)
・蒸し暑さに弱いので風通しのよい場所で管理を
・根詰まりを解消するために植替えを