食べれば食べるほどやせる【糸こんにゃく】で満腹ダイエット

スポンサーリンク

【糸こんにゃく】を食べまくるダイエット

糸こんにゃくは100g中に5kcalしかありません。同じ量の寒天と比べてもカロリーが低いためいくら食べても太る心配はありません。しっかりとした歯ごたえと、満腹感が得られ「食べたー!」と感じることは、脂肪を燃焼したり代謝を活性化する栄養分と摂取することより大切なことだと思います。

ダイエットは少なからず精神的にストレスがかかる行為で、それを軽減させることがダイエットの近道であるからですね。ストレスを過度に感じてしまうと長続きもせずリバウンドを招く恐れもあります。

食べ過ぎるとやせすぎることもあります

こんにゃくの主成分のグルコマンナンは水溶性の食物繊維で、水を含むと膨張します

糸こんにゃくをよく噛んで食べると細かくなったこんにゃくが、胃の中で水分を吸収し大きく膨れ満腹感をもたらしてくれます。さらにゆっくりと消化するので腹持ちがよく、間食を防ぐ役割も担ってくれます。

さらにグルコマンナンは腸内に入ると弾力性のあるかたまりへと変化しながら、周囲のコレステロールや脂肪分を取り込み、便となって体外へ排出させる働きがあります。昔からこんにゃくは「お腹の砂おろし」といわれていますが、この働きのことをさしているのでしょうね。

砂おろし効果

この砂おろし(デトックス)効果は、動脈硬化や心臓病、糖尿病や腸のがん、胆石の予防に役立つといわれています。ただしいくら予防に役立つからといっても1日3食糸こんにゃくだけを食べ続けるのは、栄養不足に陥る不安があります。

1日200g(1玉)を1~2食で食べ、残りの1食は好きなものを食べるくらいがちょうどいいのかもしれません。

糸こんにゃくは淡白な味なので、自分の好きなスープの中に入れ、麺がわりに食べると飽きずに美味しくいただけるかと。カロリーの高い食事をしがちな夕食に、主食としていただくのがオススメです。

POINT▶ 1日のうちの1食としていただく

カロリーの高くなってしまう食事に取り入れるのが効果的です。次のレシピでは200gを一度に消化してもたったの140kcalしかありません。すきなだけ食べましょう!もし残ってしまったら冷蔵庫で保管し、翌日火を通してからいただくようにしてください。

満腹【糸こんにゃく】ダイエットのレシピ(参考)

 

【 材  料 】

糸こんにゃく(しらたき)・・・200g
キャベツ・・・適量
にんじん(小)・・・1本
たまねぎ(小)・・・1個
コンソメの素・・・1個(固形)
塩こしょう・・・お好みで

1.野菜と糸こんにゃくをたべやすい大きさ・長さに切ります
2.糸こんにゃくは水で洗い熱湯に通してにおいをとります(アク抜きこんにゃくも同様に)
3.野菜と水(1リットル)を鍋に入れ野菜が柔らかくなるまで煮込んだらコンソメを加え塩コショウで味を整えます(いつもの味噌汁に加えてもいいかもしれません)
4.(1日のうちの1食として食べます)完成♫