驚くほどよく当たる!誕生日辞典「12月13日生まれ」

スポンサーリンク

12月13日生まれの人は大きな視点と小さな視点をあわせもつ人

12月13日生まれの人は、ものごとを大局的に見る力もっていますが、細部の気配りもできます。

仕事はとても丁寧で、ゆっくりと慎重に正確に心をこめて進めます。その間は最終的な目標を見失うことはありません。大きな視点と小さな視点を同時にもつことができるので、成功するチャンスが増えるでしょう。

しかし、何かをはじめ時点であまり細かいことにこだわりすぎると危険なこともあります。慎重すぎたり臆病になったりして身動きが取れなくなり、最後までやりとげる自信を喪失しかねません。

達成する目標が大きく、時間内ですみそうにない場合は細かい部分にこだわってしまう正確が足かせになってしまうことがあります。

12月13日生まれの人の仕事

時間のかかる死仕事に向いています。短期間の仕事では思い通りにいかず落胆することがあるでしょう。そもそも時間がかからない仕事はあまり価値がないと考えるようなところがあります。近道をしたり一攫千金をを夢見ることに大きな疑問を抱いています。

そんな軽薄さを嫌っていながらも、自分の心の奥底を見つめることは苦手です。私生活と仕事がごちゃごちゃになって悩むことがあるでしょう。それは仕事の手を休めて人生をふりかえったり、生きる意味を考えたりしないせいかもしれません。

一方、心理学者にも似ており、家族や友人、同僚などがどんな欲求があるのか非常に興味があります。人がおかれている状況や状態を皮肉を込めた目で観察します。相手が隠そうとしても心の内を読み取ってしまいます。人生の神秘をさぐる探偵だと自負しているのかもしれません。

12月13日の改善点

するどい観察力を周囲は必ずしも歓迎ではないでしょう。ときにはアンテナを伸ばすのをやめて、人のプライバシーを尊重しましょう。

丹念な作業をこなす才能が発揮されるのは、ものを形にするときではなく、プロジェクトを思いついたり計画を練ったり、作業の進行を監督しているときです。大きな目的のために働いているときは、目先のことだけに集中したほうがうまくいくということです。

一風変わっていてとても個性的です。それが仕事上でも対人関係でも、家庭でもトラブルのもととなることがあります。ときには妥協も必要です。職場でも家庭でもその他の人間関係では、周囲も妥協しているあなたの方がやりやすいです。

何よりも、細かいことにこだわったり厳しすぎる態度をとったりして、人の神経を逆なでしないように注意しましょう。

タロット

13日のカードは死神。しかし死神のイメージでこのカードを解釈することはめったにありません。

自分の限界を超えて成長していくために、過去に分かれを告げることを意味しています。このカードのナンバー4は、12月13日生まれが落胆や幻滅と戦わなければならないことを示しています。

長所と短所

  • 長所
    注意深い
    洞察力に富む
    思慮深い
  • 短所
    周囲の平穏をかき乱す
    いらいらしやすい
    こうるさい

健康

体調を気にしすぎるようです。体のどこが悪いかそれをどのように治療するかについて、妙な考えを持っている場合があります。そのめに回復するどころか、余計に悪化させてしまうことも。

最新の治療法や怪しげな新しい治療法を売りにする健康法などには慎重になりましょう。一番いいのは、医師やカウンセラーに相談することです。食事と運動は細かい部分にこだわって気まぐれに変えてばかりではいい結果はうまれません。試してみてよかった方法を継続し、バランスを考えた食生活・運動をするようにしましょう。

アドバイス自分で自分の足をひっぱってはいけません前進あるのみ
人の短所や風変わりな点は受け入れましょう