身だしなみと社会人の基本マナー「女性の服装」

スポンサーリンク

女性の服装は職場にあわせましょう

社会人としての女性の服装は、職場での調和を第一に、落ち着いたコーディネートで周囲からの信頼を得ることが大切です。そして、おしゃれよりも清潔感が第一です。コーディネートに迷うときは、女性の先輩の服装などを基準にするといいでしょう。

女性の服装のチェックポイント

◆ アウター
女性もスーツが基本。体型に合うものを選び、何度か着たらブラッシングするなどのお手入れを。
ボタンは取れていないか
シワや汚れはないか
体にフィットしすぎていないか

◆ インナー
白のワイシャツやカットソーが基本。袖口や襟の汚れに注意しましょう。
 色や柄は派手ではないか
シワや汚れはないか
襟ぐりが大きすぎないか
 生地が薄すぎないか

◆アクセサリー
なるべくシンプルなものを。洋服に合わせてワンポイントカラーになるものを選べば小さくても効果的です。
✓ 形・色が派手ではないか
 大きすぎないか

◆ストッキング
事前な肌色のものを。電線したときのためにスペアを会社に用意しておきましょう。
✓ 電線していないか
目立つ色ではないか
 柄やラメ入りはNG

◆靴
基本は黒のプレーンなパンプス。気に入った靴をよく履く人は日々のお手入れを忘れずに。
 きちんと磨いてあるか
 ヒールは減っていないか
 色あせはないか

失敗しないスーツ選びのポイント

素材・色

定番は型くずれしにくいウール。ジャケットは夏はコットン、冬はベルベットも人気です。色は紺やグレー、ベージュなど上品なものを。スカーフなどで明るい色を差し色にしてもOKです。

スカート丈

椅子に座ったときにひざが隠れるくらいの長さがベストです。丈が短いものやスリットが深いものなど露出度の高いものは避けますが、丈の長すぎも野暮ったい印象になってしまうのでやめましょう。

シルエット

ジャケットは2つボタンのベーシックなものを。1つボタンでウエスト部分がなだらかにカーブしているものもシャープな印象がありますが、体にフィットしすぎないように注意しましょう。

これはNG

  • 露出度の高いデザイン
  • 派手な色・柄
  • レースなどの透ける素材

インナー・アクセサリー・靴の選び方

◆ インナーとアクセサリーの合わせ方
シャツまたはカットソーに小さなペンダントトップのネックレスを合わせると、首元がスッキリとした印象に。長さはネックレスの基準サイズである40cm~45cm程度のものがベスト。

◆ 靴のヒールは高すぎないものを
ヒールの高さは足が疲れにくく3cm~5cmがベスト。細いヒールは避け安定感のあるものを選びましょう。フラットなものやハイヒールはビジネスの場にふさわしくありません。

制服は正しく着こなす

制服は会社のイメージを左右するものです。自己流に着崩したりせずに、規定に従って正しく着用します。細かな規定がない場合には先輩にならいます。制服は会社からの貸与物です。定期的にクリーニングし清潔に管理しましょう。

プラスα通勤の服装もビジネスを意識して
身だしなみは公私の意識を切り替える役割もあります。会社で私服に着替えるからといって、露出度の高い服やジーンズなど、プライベートと同じカジュアルな服装で出勤するのはマナー違反ですね。入社してしばらくはできればスーツで、慣れてきたら周囲の服装にならってビジネスを意識したコーディネートを心がけましょう。