観葉植物に元気がないのでIKEAの棚と植物育成LEDライトで元気を取り戻してくれ~

植物育成環境

私が植物育成に使用しているのがこのIKEAの棚

個体の数が少ないときは、木製の2段の棚を使っていたのですが、思いのほか増えてきてしまったので、棚を新調しました。テーブル部分が網目状になっており、植物にとっては通気性もありとても良いと思います。

組み立ても簡単で、付属の六角レンチにて16箇所をクルクルっと。30分もあれば完成します。

色は「ダークグレー」「イエロー」「ホワイト」の3種類あり、大きさは2段のものが1種類、4段のものが2種類です。

2段:幅60cm×奥行き35cm×高さ70cm
4段:幅35cm×奥行き35cm×高さ148cm
4段ワイド:幅60cm×奥行き35cm×高さ148cm
▶IKEAの棚を検索

 

 

 

我が家の育成環境はどうしても室内になってしまい、さらに室内環境がとても悪く、日中あまり日が差し込みません…。また、常に窓を開けているわけではないので、植物に必須である風通しもよくありません。

せめて日光だけでも定期的に浴びさせてあげたかったので、この植物育成ライトに目をつけました。

●【植物用LED幅広い適用範囲】:水耕栽培、室内栽培やガーデンなどに適用します。室内の  植物、鉢植えの植物、葉の植物、開花の植物、多肉植物の成長を促します。
●【タイミング機能】:3時間、6時間または12時間の三つの時間設定モードがあります。
●【調光制御機能】:植物の成長階段に応じて、5つの調光レベルがあり、植物のニーズによって光度が調節できます。
●【360°の角度や高さが調節できる】:USBコネクタで、グースネックの形なので、360°の角度や高さは調節しやすく、もっと広く照射してあらゆる方向に紫外線が放射できて、多くの植物を照明します。
●【赤&青の小電球】赤と青のLEDライトは植物に対しての波長(460nmと660nm)の光を発します。12個の青い小電球と24個の赤い小電球によって、植物はより多くのエネルギーを吸収することができて、葉緑素の光合成で植物の成長を促進します。

とのことで、即購入。
気温が下がってきて、植物に元気がないのが見受けられましたが、ライトを照射してからは、新しい葉っぱが出てきて、気持ち元気になったようです(1日9H・1週間試してみました)。

 

 

 

 

平日は仕事に出ているため、このタイマー機能は本当にありがたいです。
IKEAの棚にもぴったりですので、もし室内環境で管理をされている方、育成ライトの導入を検討してみてもいいかもしれません。