アローディア・プロセアの育て方 観葉植物を室内インテリアに

スポンサーリンク

アローディアって何?

アローディアってどんな植物?

学 名Didiereaceae Alluaudia (和名:亜竜木)
科・属名ディディエレア科 アローディア属
耐寒性
耐暑性
日 照日向
原産地マダガスカル

アローディアは緑色の小判状の葉と背骨のような灰白色の茎が特徴です。

暑い季節に成長する夏型種なので、冬場は葉が落ち、棍棒みたいになってしまいます。自生地ではトゲを落として木材として使用されることもあるとか。

若緑の育て方

アローディアは一年を通して直射日光のよくあたる場所で管理します。日光が不足しますと、ヒョロヒョロとした軟弱な株になってしまいます。よく日に当てると葉も小さく、丈も詰まった株に育ちます。

真夏の成長期は屋外で雨ざらしでも問題なく、頑丈に育ちます。

寒さには弱いので、冬は室内など暖かい場所で管理しましょう。冬の休眠中もなるべく日光にあて鉢内の温度を上げると耐寒性が増します。

水やりは、夏の成長期は土が乾いてからたっぷりとあげましょう。秋に入ったら徐々に水やりの回数を減らし、葉が落ちてから春までは断水します。春になり暖かくなってきたらいきなりたくさんの水やりはせずに、すこしずつ量と回数を増やしていきましょう。

肥料は、成長期の夏に希釈した液肥を与えます。ただし、樹高をあまり高くしたくない場合は肥料は必要ありません。

繁殖の方法

増やし方
挿し木で簡単に増やすことができます。必ず気温の高い夏に行いましょう。用土や水やりもそれほそ気をつかうことなく発根してくれます。

  • 15cm~30cmほどの長さに枝を剪定します(短過ぎに注意)
  • 用土に挿す部分の葉やトゲを取り除きます
  • 切り口を殺菌して発根促進剤を塗布します(発根がきになるようでしたら)
    ※この工程を省いても可
  • 挿し木用の土に4~5cmほど枝を挿し込みます

2~3日後に水をたっぷり与えましょう。

POINT・よく日にあてましょう
・寒さに弱いので注意が必要です
・挿し木で容易に増やすことができます
・トゲに注意