驚くほどよく当たる!誕生日辞典「1月11日生まれ」

スポンサーリンク

1月11日生まれの人はいんちきを見抜く目の持ち主

1月11日生まれの人は意志が強くきわめて有能で、自分の出会った相手や体験した出来事を的確に評価します。

偏見をもたないことにかけては誇りをもっているようですが、自分のものさしですべてを測るため、場合によってはやや客観性を欠いてしまうことも。周囲をありのままに捉えるには、あまり信念にこだわらないほうがよさそうです。

1月11日生まれの人の欠点

欠点は、モラルに厳しすぎて、自分の信念に反することをびしびし非難してしまうこと。

これはとくに相手が自分の子供の場合は深刻で、子供に罪の意識を植えつけるばかりか、自信や自立心を奪ってしまいます。親になった場合は、我判官のように高いところから見おろして憎まれたり反抗されたりしないように注意しましょう。

自分が得意とする文章や物、方法、財政、システムなどを評価することにかけてはまさに達人。それぞれの専門分野で、物や投資の価値、著作や美術工芸の信頼性について、専門家としての意見を求められることもしばしばです。

優れた分析力と確かな鑑識眼を備えていて、冷静に物事をふるいにかけます。いかがわしいものを一目で見破ることが多く、無駄や不正を排除する場合には貴重な存在になります。重大なことについて、この日生まれの人の目をごまかすのは至難の業でしよう。

残念なのは、ときとして頭の固い偏狭さが出てしまうこと。こうなると他人の意見などいっさい受けつけません。いったんこうと決めたら最後、議論の余地はほとんどありません。また、自分がまったくといっていいほど知らないことも自信や確信ありげに話すため、相手は調子が狂ってしまいますが、当人は淡々と自分の意見をくりかえすばかり。結局はそれが嘘から出たまことになってしまうこともあります。

1月11日生まれの人に必要なこと

とにかく柔軟性をもつことが何よりも大事。寛大さや優しさ、献身的な態度を見せることはできるのですから、あとは批判的な態度さえ改めればもっとオープンに人を受けいれることができます。

せっかく人生経験に対する洞察力や明確なビジョンをもっているのに、先入観や凝りかたまった考えはその美点を邪魔するだけです。他人に対する鑑識眼や分析力を自分に適用することによってもっとオープンになれるでしょうが、そのためには相当な忍耐力が必要なことはいうまでもありません。

タロット

11日のカードは正義。片手に秤、もう一方の手には剣をもち、静かに坐る女性が描かれています。意味するものは宇宙の秩序。そのバランスと調和は、人間の生活にも遍在することをあらわしているのです。

このカードのもつ良い面は清廉潔白、公正、誠実、自制です。また、判断力に乏しく保守的すぎることや、冷淡、不平などの悪い面を持っています。

長所と短所

  • 長所
    信用できる
    役に立つ
    意思が強い
  • 短所
    白黒をつけたがる
    厳格

健康

他人に気をつかいすぎては自分が疲れてしまいます。もっとリラックスして、休暇をとるようにしましょう。てきには手を休めて、成り行きまかせにすればいいのです。

精神面での硬さが肉体的にも現れ、年とともにとりわけ骨に影響が出ます。食事はあまり画一的にならず、新しいメニューや素材、調理法などを試してみましょう。

定期的に、軽度から中程度の運動をするように心がけてください。ウォーキングや水泳がおすすめ。

アドバイス柔軟性をもち変化を受け入れいること
チャンスも与えずに相手を非難してはいけません
自分の過ちを認めることができたら自分をたっぷりとほめてあげましょう