【しょうがココア】でむくみと水太りを撃退!

スポンサーリンク

体の冷えをとり代謝アップ

しょうがは漢方では体を温める性質「温性」の食材です。

食べると血液の循環がよくなり代謝がアップ、冷えの改善が見込めます。継続すればやせやすい体質となりそれを維持させることも可能です。

発汗作用もあるので、体の中の老廃物を排出させる効果も期待できます。冬には汗をかきにくくなりますので、やせにくくなるだけでなく老廃物が体に蓄積されやすくなります。そのときにはしょうがをとって、体の毒出しをしたいものですね。

また食事をしたときの、消化→吸収→利用に至る一連の流れをスムーズにする働きもあります。食事量が少ないのに太ってしまう人には、とくにしょうがはおすすめの食材となります。

【しょうがココア】&黒砂糖で温性のトリプルパワー

ココアもしょうがと同様に温性を持ちます。ココアにしょうがを加えた【しょうがココア】なら、温性の働きが更に高まり、冷えとり効果がパワーアップされます。甘味がほしいときは体を温める作用のある黒砂糖を入れるといいでしょう。

ココアは食物繊維が豊富ですので、便秘の改善にも効果的です。便秘が続くと老廃物が蓄積し体の不調を招くようになります。

しょうがとココアはどちらも、体の内部からきれいにして、健康にしてくれる優秀な食べ物なのです。ココアにはカフェインも含まれているので、体を覚醒・活性化してくれます。

朝ココアを飲めば体のエンジンがかかり、1日を元気に過ごすことができますね。しょうがココアの作り方は簡単で、ホットココアにおろししょうがを繊維ごと加えるだけです。しょうがは親指くらいの大きさのものを皮ごとすりおろすといいでしょう。

しょうがの皮には水分の代謝を促してむくみや水太りを防ぐ働きがあります。

しょうがココアの作り方

POINT●1日1~2杯、朝と夜に飲むとよい
●温かいうちに飲む

材料(1杯分)
純ココア・・・小さじ山盛り2
しょうが・・・約5g(親指くらいの大きさ)
水・・・200ml

1 ココアに水少量(10ml)を加えペースト状になるまでよく練る
2 1に少しずつ水を加え中火にかけ沸騰直前に火からおろす
3 器に注ぎすりおろしたしょうがを加える
4 よくかき混ぜたら完成(温かいうちに飲む)

甘くしたい人は黒砂糖やはちみつ、メイプルシロップをお好みで加えてもOK。
ココアの苦味が気になる人は、水のかわりに牛乳や豆乳でもOK。カロリーは高くなりますが、カルシウムやイソフラボンなどの有効成分の摂取に期待大です。