身だしなみと社会人の基本マナー「エレベーターや廊下でのマナー」

スポンサーリンク

社外の人も使う共有スペースでのマナーに注意

エレベーターや廊下では、自社の社員だけでなく、来客や出入りの業者さんなど不特定多数の人が通行するスペースとなっています。

社内だからといって気を抜いたり、急いでいるからといって傍若無人にふるまったりするのはNGですね。

誰もが気持ちよく利用できるように、基本的なマナーを守ることが必要です。どちらも限られた狭い場所だけに周囲を気遣い、譲り合う気持ちを持つようにしましょう。

エレベータに乗るときのマナー

エレベーター内は立ち位置に席次があり、乗り降りにもいくつかの注意点があります。頭に入れておくようにしましょう。

エレベーターでの基本マナー

  • 来客、上司、先輩が優先。自分は最後に乗り降りする
  • 操作盤の前に誰もいなければ進んでボタン操作を担当する
  • 誰かが乗降する際は、安全のために「開」ボタンを押し続ける
  • 同僚と乗り合わせたら黙って会釈。私語は慎む

エレベーターでの席次

エレベーターでのマナー違反(NG!)

途中の階で誰かが乗り降りするたびに「閉」ボタンをせわしなく押す、同乗者同士でぺちゃくちゃおしゃべり…など、よく見かけますが、いずれもマナー違反です。注意しましょう。

廊下でのマナー

廊下は、前から人が来たときのために、端を歩くのが基本ルールです。そのほか、以下のポイントを身につけてマナーに則った通行を心がけましょう。

すれ違うときは

廊下に十分な幅があっても、黙ってすれ違うのはマナー違反。顔見知りかどうかにかかわらず歩く速度をゆるめ、朝は「おはようございます」、昼以降は「お疲れさまです」とあいさつします。廊下のコーナーでは大きく外側によけて、相手側にインコーナーを譲ります。

幅が狭いときは

すれ違えるだけの幅がないときは、端によけて道を譲ります。その際もあいさつを忘れずに。相手が同行者と話し中の場合は、黙って会釈をすればOKです。

上司に同行するときは

上司の2、3歩後ろをついて行くようにします。前方から先輩が来て上司に道を譲った場合には、そのままついていくのはNG。次はあなたが端によけて先輩に道を譲るようにしましょう。

廊下での立ち話に注意廊下で同僚とばったり会い、「そうそう、この前の件だけど・・・」と立ち話。よくある光景ですが、長時間話し込むのはNGです。2、3分で切り上げましょう。特に会議室の前などでは室内に話が聞こえるおそれがあるので、立ち話は厳禁です。

上司はそこを見ていますよ~。