驚くほどよく当たる!誕生日辞典「2月10日生まれ」

スポンサーリンク

2月10日生まれの人は喝采に憧れる人

2月10日生まの人は、大衆に愛されたいと願うと同時に、専門家からも評価されたいと考えています。自分の業績が社会的にも文化的にも高く評価されることを望む人が多ようです。精神的に成熟していれば、躍起になったり、誠実さを犠牲にしなくも、おのずと周囲から認められるでしょう。

想像力あふれる強烈な考え方を自信をもって貫く姿勢に、人びとが圧倒されてしまうといったほうがいいかもしれません。

ただし、人気を得るために自分の方針を変えることはめったにありません。基本的に「イエスかノーか」の姿勢なのです。これは必ずしも喧嘩や対決を好むというわけではなく、ただ自分のやり方を貫く以外に手段がなく、それに自信をもっているということ。

残念ながら、なかにはこうした態度を頑固さや融通のなさだと考える人もいます。この日生まれの人は理解あるパートナーや、変わった性格や欠点や短所をありのままに愛してくれる人を見つける必要がありそうです。

2月10日生まれの人の性格

周囲の人の気持に直接訴えはしますが、自分の感情をあからさまに出すことはありません。自分の全エネルギーを情熱に注ぐ一方で、感情を冷静に保つことができるのです。

この客観性が成功の秘訣なのかもしれません。人生という舞台に立つ役者として観客(家族、友人、知人、同僚)への責任を果たすとともに、飛行機を操縦するパイロットのように、調子にのりすぎると墜落することを知っています。

ただし、いつも注目の的になろうとするのは考えもの。他人にチャンスを譲り、模範として、また教師として知識を分け与えることも人間的な成長を遂げるためには大切です。

2月10日の人の必要なこと

責任全般に対する考え方はとてもユニークで、たいていの人は仕事や生活全般に対して大きな責任を感じる反面、対人関係においては他人に対する義務感に乏しいようです。

家族に無視されていると感じさせたり、友情を当然のものと考えたり、仕事仲間を軽んじないように注意が必要。思いやりと分かちあい、そして進んで犠牲になろうという覚悟こそ、目標をめざす上で忘れてはならないテーマです。

人びとに認められ、ちやほやされながらも、結局はひとりぼっちということもありえます。しかし、孤立の危険を早めに察知し、自分自身を変えられれば、こうした運命を避けることができそうです。

たとえ孤立しても、人との絆を修復するのに遅すぎるということはありません。他人の気持がわからない人ではなく、あくまで順応性や自覚の問題です。

タロット

10日のカードは運命の輪で、人生の浮き沈み、勝ち負け、成功と失敗を象徴しています(ときおりの失敗をうまく処理しともに生きることを学ぶのは、2月10日生まれの人にとって特別の課題になるでしょう)。

このカードは、未来は逆転し、成功も失敗も永遠に続くものではないことを意味しています。

長所と短所

  • 長所
    個性的
    自信に満ちている
    感情移入できる
  • 短所
    神経質
    自分のことで頭がいっぱい
    近寄りがたい

健康

きわめて敏感でストレスにも極端に弱いため、神経系を鎮めることが大事です。

頭の働きが活発すぎて、睡眠や十分な休息をとれないこともあります。世間の要求を締めだす私的な避難所として、心からくつろげる家庭を作ることに専念してください。

食事は、健康にさしつかえない範囲で好きなものを食べていいでしょう。さまざまな食材を自由にとるのはよいのですが、リラックスして食べることが大切です。運動は隠やかなものがおすすめ。

アドバイス小さなことも大切に
些ささ細いなことが理屈つほさを和らげてくれることもあります
自分が取りくんでいることにあまり夢中になりすぎないようにしましょう
目の前のことをおろそかにしないで