驚くほどよく当たる!誕生日辞典「2月12日生まれ」

スポンサーリンク

2月12日生まれの人は人びとの架け橋

2月12日生まれの人は、身のまわりの異なる要素をまとめるのが得意。家庭のトラブルを収拾したり、ひびの入った友情を回復させたり、リーダーシップを発揮して組織間の争いを解決したりなど、人びとの間をとりもつ架け橋のような存在なのです。

それでは、組織の一員に向いているかといえば、必ずしもそうではありません。この日に生まれた人は状況を自分なりに判断して、立場によってはグループの方針を決定しますが、必ずしも人びとの同意を求めません。

ただし、人びとの考えを無視したり軽視するわけではなく、さまざまな意見を検討した結果、どうするのが一番よいかという結論に達しただけなのです。そんな彼らの決心は固く、説得力や指導力も相当なものです。

2月12日生まれの人の課題

多芸多才、自分のもつさまざまな面を統合するのもこの日生まれの人の課題です。多才さが災いして、仕事や私的な問題をうまく処理できないこともあります。さらに一度決心をするとけっして方針を変えようとしない頑固さがトラブルにつながることもあるでしよう。問題が起こったときには、妥協せずに横車を押してしまうかもしれません。​

絶対的なものさしで何かを測ろうとすることが多く、相対的に捉えるのが苦手です。ただし、真実を理解しようとすると、どうしても自分のものさしを当てはめてしまいます。

当初の倫理観を貫きたくても、状況に応じて方針を変えたり、状況が変化する過程で同僚や仲間たちが打ちだした熟慮の上での提案に注意深く耳を傾けるようにすることも大切です。

2月12日生まれの人の改善点

一定の考え方に理解を示し、そうした考えを基盤として自らの考えを発展させていくことも珍しくはありません。おりにふれて自分の視点をふりかえり、それが正しいかどうかを確認してゆけば、自分の考えに対する確信をいっそう強めるとともに、多くの過ちや勘違いを防ぐことができます。精神的に成熟した人であれば、最終的には不必要な考え方を捨てさるようになるでしょう。

人びとをまとめようとする行為自体は悪いことではありません。とはいえ、状況を成り行きにまかせて変化させ、発展させ、また、めちゃくちゃにするほうがかえってプラスになることもあるのです。本人はその場を離れたり、中途半端で終わったりすることに抵抗があるかもしれませんが、何もしないことが最大の勇気の証になる場合もあると気づいてください。

タロット

12日のカードは吊された男。1本の足で、逆さ吊りになっている男が描かれています。

体は自由になりませんが、吊された男は強い意志をもち、深い思索にふけっています。

このカードがあらわす良い面は、自分の限界を知り、克服すること。また、飾りのない、ありのままの人間でいることも意味しています。悪い面は心が狭く、広い視野をもたないところ。

長所と短所

  • 長所
    多面的
    人を守ろうとする
    アイデアが豊富
  • 短所
    狭量
    けっして譲らない
    うちとけない

健康

健康に対してはっきりとした考えをもった人が多いようです。

基本的に健康なら、些細なことで助けを求めようとはしません。「具合が悪くなければほおっておく」主義なのです。こうした姿勢は一般的には健全で自信にあふれるものですが、隠れた病気が徐々に悪化して深刻な事態にならないよう注意。

食事についても同じことがいえます。無事でいるかぎり(つまり、生きているかぎり)、先のことを考えずに食べたいものを食べようとします。体に悪いものをなるべく控え、バラエティにとんだ栄養のある食事を心がけること。

運動は、体操、ェアロビクス、競技スポーツなど、持久力を必要とする激しいものがおすすめです。

アドバイス客観的になり、心をオープンにしましょう
自分の信念を検証し、期限切れの考えは思いきって捨ててしまうこと
柔軟さは強さです
批判的な性格はコントロールしてください