【塩ヨーグルト】で脂肪燃焼と便秘解消

スポンサーリンク

脂肪燃焼にはカルシウムが不可欠

米国の肥満学会で「乳製品のカルシウムに内臓脂肪を減らす働きがある」ことがレポートで発表されました。

カルシウムが脂肪を燃焼させる酵素リパーゼの働きを阻害する「副甲状腺ホルモン(PTH/活性阻害ホルモン)」を減らす役割があるというものです。

これは「カルシウムが不足すると脂肪が燃焼されない」ということになります。また、同時に血液中の血清の中にあるカルシウム濃度が低いと、体脂肪、体重が増加することがわかりました。

カルシウム吸収率の優れた食材としておすすめするのがヨーグルトです!ヨーグルトは40~45%以上のカルシウム吸収率がありますが、日本のヨーグルト消費量は世界的に見ると少ないものとなっています。

トルコには「アイラン」という飲み物があります。トルコはヨーグルト発祥の地であり、ヨーグルトもトルコ語の「すっぱいミルク」を意味しています。そんなトルコで国民的飲料として親しまれているのが、1%の食塩水に同量もしくは2倍量のヨーグルトを混ぜた「アイラン」で、日本では【塩ヨーグルト】といったところでしょうか。

乳酸菌が便秘の改善をしてくれます

肥満傾向にある人の9割が便秘症だといわれています。この体質を改善してくれるのが、乳酸菌です。

腸内に入った乳酸菌が善玉菌のビフィズス菌を増やし、悪玉菌の活動を抑えます。腸内環境は日々変わっていくので、毎日ヨーグルトを食べることで慢性的な便秘から卒業できるのです。

ヨーグルトに塩水を足すことで、糖質の心配なく、口あたりもマイルドにヨーグルトをとることができます。作り方もとても簡単で、食事前にさくっと作って飲むだけ。

塩ヨーグルトを200ml飲めば、けっこうお腹がいっぱいになるので、食欲が抑えられ、その後の食事量が減るというメリットがあります。

塩ヨーグルトの作り方

POINT

  • 朝、昼、夜の食前に飲みます

材料
無糖プレーンヨーグルト・・・100g
天然塩・・・2g
ミネラルウォーター・・・100ml

1 ミネラルウォーターに天然塩を入れ、小さいマドラーや泡立て器などでよく混ぜる
2 ヨーグルトに1の塩水を入れる
3 よくかき混ぜ完成

もし塩ヨーグルトに飽きてしまったら・・・
とうがらし、こしょう、カレー粉、シナモンなどのスパイスで目先を変えると長続きします。