貯金ができる人は、電子マネーをちびちび入金します

スポンサーリンク

お金がなくなる人は電子マネーをオートチャージします

電子マネーをまったく利用しないという人はほとんどいなくなりました。交通系ICカード(JR東日本のSuica等)を使って通勤する人は、どのコンビニでも利用できる電子マネーを保有しているということですし、社員証などに楽天Edyが付随している会社も増えています。

スマホやガラケーについているおサイフケータイ機能も、電子マネーの利用を手軽なものとしてくれました。

しかし電子マネーの利用については注意が必要です。というのも電子マネーはムダづかいをしやすい決済方法だからです。

キャッシュレスで決済できるしくみとしてクレジットカードと電子マネーを比較してみると、電子マネーは少額決済によく利用されます。 コンビニやキオスク、ドラッグストアなどで日常の買い物、たとえばお菓子、新聞、雑誌などを買ったりするイメージです。

クレジットカードは数千円から数万円、あるいはもっと高額な買い物に利用することが多く、このとき、クレカで3万円で服を買えば「3万円も買い物したなあ」という意識が頭に残ります。他の買い物ではしばらく考えるなど、高額決済のムダづかいを調整しようという意識が働きます。

しかし、毎月1000円程度の電子マネー決済(1日に数回に分けて数百円ずつ利用)をした場合も月3万円ですが、同じインパクトを感じることはできませんよね。日常的な買い物ですから、ムダづかいの意識も持ちにくく、数百円の買い物の積み重ねが気がつけばクレカの使いすぎに匹敵する場合もあるわけです。

電子マネーにはメリットとデメリットがあります

電子マネーのうち、交通系ICカード、楽天Edy、nanacoやwaon等についてはチャージした金額しか利用できません。これは「気がつくと使いすぎていた」ということのないよう歯止めをかける点でもメリットがあります。

また、チャージをするとき現金を出すので「今3000円チャージしたんだな」というお金を使った意識も持ちやすいしくみとなっています。

ところが最近では、クレジットカードと連携させることで、自動的に電子マネーのチャージをするしくみがあります。オートチャージです。便利なしくみですが、お金を使った感覚を、チャージするときも決済するときも感じにくくなってしまうところに、注意が必要です。

「なくなる人」は、オートチャージを使ったうえに、チャージした金額にも決済した金額にも無頓着に電子マネーを利用します。つまり「便利」だけを享受しています。

「貯まる人」はオートチャージをオフにします。便利であることはわかっていますが、実際にお金を使った感覚を得るのは、レジで財布からチャージ金額を手渡したときのみであることを知っているからです。オートチャージの危険性は抑え、電子マネーの便利のみ利用することにします。チャーシする面倒は、ムダづかいをセーブするために必要な儀式と考えているのです。

オートチャージをオフにするお得ワザ

「オートチャージをオフにする」と言っても、「クレジットカード経由でチャージする部分は残す」という方法もあります。というのはクレジットカード経由でチャージをすると、ポイントが貯まるからです。

JR等のViewカードからSuicaにチャージをすると、通常のポイント付与率の3倍になり1.5%相当になります。これはオートチャージでも、駅前の端末でのチャージでも同様です。

電子マネーは「チャージ時点」と「利用時点」でそれぞれポイントがつくチャンスがありますが、現金でチャージする場合にポイントはつきません。

クレジットカードについては、分割払いやリボ払いを選択すると利息がかさむため避けるべきですが、電子マネーのチャージを一回払いで行えば、利息は払わずポイントだけもらえて、実際より割安で電子マネーを購入したことになるわけです。

毎週1万円の電子マネーの利用があるなら、1か月ごとにポイントが6000円貯まることになります。クレカ経由にするだけで、年間で7200円の差がつきます。

こういう地味な取り組みの差が「貯まる人」と「なくなる人」の差というわけですね。