驚くほどよく当たる!誕生日辞典「2月14日生まれ」

スポンサーリンク

2月14日生まれの人はクールな警句の達人

2月14日生まれの人は頭の回転が速く、短くてもピリッと皮肉のきいた、ときには人を打ちのめすほど強烈なコメントの達人。

人びとを笑わせると同時に、ふと考えさせます。また、手短に的確な指摘ができるため、人が1時間かかって説明するところを、ぴしゃりと気の利いた警句をひとこと吐いて注意を引きます。

冗談をいったり、人をかついだりするのが大好きで、ときには大ぼらを吹きますが、生活に即した視点を失わず、身のまわりのすべてをウイットにあふれる目で見つめます。

とはいえ、シニックというわけではありません。ユーモアや雄弁や辛辣なコメントなどはどれも表現上の手段にすぎないのです。

自分自身(あるいは人生)について深刻に考えるのは苦手ですが、仕事にはそんな面が出ません。むしろ達観しているとさえいえます。

2月14日生まれの人の未熟な点

精神的に未熟な人の場合、考え方が否定的で、破滅につながるような行動をとったり、権力を求めたりします。

人間としての良識や社会のルールなどは自分に関係がないと考え、自分だけは業や因果、「悪の力」に無縁だと勘違いしてしまうこともあります。大きな不運に見まわれても、気づかないことさえあるでしょう。

皮肉なコメントが人を小ばかにしたような嫌みにならないよう注意。そうした態度はただ反感を買うだけです。嫌味っぽいユーモアもしばらくは面白く感じますが、最後には間の抜けたものになってしまいます。

誰しも大笑いは好きですが、人びとが注目するのはその笑いの対象なのです。自分をジョークの種にできる人たちはこれをわきまえていますが、自分を卑下しすぎるのは考えもの。

2月14日生まれの人の優れた部分

集中力と頭の回転の速さはすばらしく、どんちゃん騒ぎのなかでも仕事に集中できる能力はたいしたものです。一方、性欲も相当に強く、さまざまな官能的な行為を楽しんで頭脳に必要な休息を得ます。

会話のいらない時間は、話術で生きる彼らにとって贅沢の極みなのです。結果として、自山時間はあまり知的とはいえない人びとと過ごすことになるかもしれません。この日生まれの人の友達には素朴な人が多く、知的であると同時に、リラックスして楽しく過ごす術を知っている人たちです。

あまり相手を身構えさせないように注意しましよう。また、自分の能力を生かして自分自身を厳しい目で見つめることができれば大いにプラスになります。1人になって、周囲との忙しいつきあいから離れてみることが鍵です。

タロット

14日のカードは節制。14日生まれの人にはバランスと節度が必要です。

描かれている守護天使は人間を守り、心の平穏をもたらします。節制のカードがあらわしているのは、燃えあがる情熱を適度に抑え、生きてゆくのに必要な、新しく学ぶべき真実を見きわめること。

節制のカードは、2月14日生まれの人に自分なりの倫理観を確立するようにうながし、性的な誘惑や、自分本位の間違った行いをしないよう戒めているのです。

長所と短所

  • 長所
    ウイットに富む
    軽快
    人を楽しませる
  • 短所
    押しが強すぎる
    皮肉っぽい
    人を傷つけがち

健康

職場ではのびのびとくつろいでいるように見えても、じつはストレスが溜まりやすいタイプです。

グループの関心を独占することはやめて、傍観者としてのんびり構えることも必要です。心配事や不必要な刺激から距離を置いて、内面的に穏やかでいることが鍵です。

攻撃性を内側に溜めこんだり押し殺したりすると、ゆくゆく腹部の器官や循環器、また内分泌系などに深刻な影響を与えるので要注意。

タバコやアルコールを含め、刺激物を控えめに。まんべんなくバランスのとれた食事と、中程度からやや激しい運動がおすすめです。

アドバイスエネルギーを有益にいかしてください
他人の気持ちに気を配り、口に出す前にことばの重みを考えて
もう少しゆるやかになりましょう
沈黙がことば以上にものをいうこともあります