身だしなみと社会人の基本マナー「オフィスでの人間関係」

スポンサーリンク

相手の役職を踏まえた接し方を身につけましょう

会社には課長や部長といった役職があり、役職が上になるほど権限や責任が大きくなります。かつては年功序列で年長者が役職も上という組織が一般的でしたが、最近では実力主義が浸透し、年下の上司・年上の部下がいる会社も多くあります。

こうした場合は、社歴や年齢では役職の上下を判断できないため、誰がどの役職かをしておくことが不可欠。

そうでなければ、呼び方や接し方を間違えることにもなりかねません。そもそも、会社にはどのような役職があるのか基礎知識を身につけることからはじめましょう。

会社の役職と構造を知っておきましょう

下図は役職の一般的な呼称と序列、会社の構造です。このほか、会社によっては本部長や課長代理などの役職を設けている場合もあります。

自社の役職の構造を一度調べておくようにしましょう。

上司や同僚・後輩の呼び方にきをつけましょう

▶ 上司の呼び方
××さん→
××部長→
会社の習慣で「さん」づけなら従いますが、一般的には「名前+役職名」。
××部長さん→×
役職名はそれ自体が敬称のため、「役職+さん」は二重敬称となり誤りです。

※社外の人に上司のことを話すときは、「当社の××は」「部長の××」はという言い方をします

▶ 同期・後輩の呼び方
×××さん→ ××→くん×
親しくても呼び捨ては禁物。会社によっては男性の同僚を「××くん」と呼ぶこともマナー違反のことがあります。基本的には「××さん」とおぼえましょう。

※社外の人に同期や後輩のことを話すときは、「さん」はつけません。

ふだんの言葉遣いが大切上司や先輩に対してはきちんとした言葉遣いをしている人でも、同期や後輩と話すときは学生のような友達口調になってしまうことがあるようです。上司や他社の方の前で、うっかり同僚を「××ちゃん」と呼んだり、気安い言葉を使ってしまったりしないように、日頃から相手の呼び方や言葉遣いには気をつけましょう。

先輩・上司とのつき合い方

▶ つき合い方のポイント
上下関係を重んじる
社会人としてのキャリアがあり、豊富な経験があることに敬意を持ち、目上として立てることが大切。

仕事を見習う
教わるのを待つのではなく、上司や先輩の仕事ぶりを見て自分から吸収しましょう。

報・連・相はマメに
報告・連絡・相談はコミュニケーションの機会でもあります。マメに行いましょう。

▶ こんなところに気を配る
上司に対して
上司は一般に中間管理職と呼ばれる立場。会社の方針に従って、ときには言いたくない指示や命令も部下にしなくてはならない立場でもあります。そのことも察して、自分にできることで上司のマネジメント活動に貢献しましょう。

先輩に対して
上司より身近な存在。何かを注意されることも上司より多いかもしれませんが、アドバイスと受け止めることが大切。素直な後輩には先輩も親身になるものです。よい関係が築ければ、心強い味方になってくれるでしょう。

▶ こんなときはどうする!?

  • 先輩が年下のとき
    年下でお先輩は先輩。敬語を使い、目上の人として接します。
  • 他部署の管理職からの仕事の依頼
    直接受けず、自分の上司を通して依頼してもらうようにします。
  • アフター5に誘われたら
    親しくなるよい機会なので、誘われたらなるべく応じたいところですが、都合が悪ければ断ってもかまいません。

同期との付き合い方

▶ つき合い方のポイント
同期に対して
同期とはライバル同士でもある関係。相手の成功をねたむ、足を引っ張り合うといったことは避け、お互いに切磋琢磨しましょう。

公私のけじめをつける
勤務中にあだ名で呼び合ったり、プライベートな話をしたりすることは禁物です。礼節をわきまえましょう。

互いに助け合う
競争しながらもお互いに助け合い、切磋琢磨して一緒に成長していける、よい関係を築きましょう。

気軽に情報交換を
仕事に役立つ情報を得るだけでなく、互いの仕事ぶりを知ることが刺激になります。ただ、機密情報はもらさないこと。

人の悪口を言う×
聞かされる相手は、自分も別の場所で悪口を言われているのではと疑うもの。悪口は信用を失う行為です。

愚痴やうわさ話をする×
うわさ話はいずれ本人に伝わります。後で気まずい思いをしないように、十分注意しましょう。

特定の人だけつき合う×
派閥やグループをつくるような行為は職場の人間関係にも影響します。誰とでも幅広くつき合うようにしましょう。

後輩との付き合い方

▶ つき合い方のポイント
後輩に対して
後輩らしくしなければ、などと気負わず、助けが必要なときに手を差し出せるよう後輩をよく見てあげましょう。ほめて自信をもたせることも大切です。

積極的に話しかける
進んでコミュニケーションを取り、職場に早く慣れるよう働きかけましょう。

仕事の指示は明確に
進め方などを具体的に指示。本人が考えて取り組む部分も残せるとベター。

長い目で見守る
成長には個人差があります。すぐに成果が出なくても、長い目で見守りましょう。

契約社員や派遣社員、アルバイトとの付き合い方

▶ つき合い方のポイント
下に見るような態度は厳禁
正社員と比べて契約社員や派遣社員、アルバイトの人などを下に見る人がいますが、これは非常に失礼な態度です。契約形態が違うだけで、一緒に働く仲間であることは同じです。敬意を持って接することが大切です。