貯金ができる人は投資の損に鈍感です

スポンサーリンク

お金がなくなる人は投資の損に敏感です

「お金がなくなる人」が投資をしたときの特徴として、ちょっとマイナスになると売ってしまう悪癖があります。ほっておけば株価は戻ったかもしれないのに、数%くらいの値下がりで焦って売ってしまう傾向にあります。

「回復の見込みがない企業の株をいくら下がっても手放さない」というのは「売らない」ことの失敗ですが、あまりにも短期的に売ってしまうとろくなコトがありません。

「貯まる人」 つまり「増やす人」は、短期的な値動きには焦ることがありません。むしろ株価など1日も見ずに過ごしていたりします。

「なくなる人」は下手をすると数分ごとに動きをチェックしては株価の上下を見て一喜一憂していたりします。

実際に売るわけでもないのに、とにかく株価が数円動くことが気になって仕方がありません。これでは仕事にもならない気がします。

投資にはどうしても慣れは必要ですが・・・

投資の価格変動は、銀行預金とはまったく違う感覚なので、どうしても「慣れ」が必要な部分があるのですが、それでも「ちょっと減っては焦る」という悪癖だけは脱したいものです。

「お金がなくなる人」が一喜一憂するのは、どれくらい価格変動するかどうかを事前に把握せず、なんとなく「儲かるといいな」で投資をスタートしているからです。投資において、これは避けなければならないことです。

国の年金運用においては、国内の株式、国内の債券、外国の株式、外国の債券といった主要な投資対象についてどれくらいの値動きが想定されるかシュミレーションした結果を公表していますが、「数%くらいの値動きは当たり前のもの」として購入の決断をし、差し支えない程度の金額で購入しなければならないのです。

ちなみに、うまくいって儲かったときは、「儲かりすぎて焦った」ということはあまりないので、投資初心者ほど「下がる可能性」について考えておくことが必要です。

もっとも簡単な対策は、投資金額を少なめに設定することです。

株価は下がっているときがチャンスなのです

以前、「貯まる人」は株価が下がっているときこそチャンスと考えることができると書きましたが投資に慣れている人はこの余裕があるのですが、これは自分の保有資産が元本割れしていたとしても持ちたい感覚のひとつです。

株価が下がるとは、自分の持っている投資資金が目減りしている状態です。しかし、新しく買うという観点からは、絶好のチャンスと言えます。

このとき「すでに持っている分については中長期的に見て回復を待てる」ので焦らず、「これから新しく買う分については中長期的に見て安く購入するチャンス」と喜べるようになれば、「貯まる人」は立派な「増やせる人」 です。

一見すると矛盾している感情をコントロールするのは、子どもにはなかなか難しいことですが、大人はそれを実行していかなければなりません。

例えば、仕事と彼女、どっちが大事。とか矛盾した理屈を同時に処理するのは大人の課題です。仕事はもちろん、投資におても、失敗を完全に回避することはできないのですから。