驚くほどよく当たる!誕生日辞典「3月4日生まれ」

スポンサーリンク

3月4日生まれの人は1人でいる幸せを知る人

3月4日生まれの人は、外の世界との接触がそれほどなくても、1人で生活し働くことができます。

意識的に1人になることを選んでるわけではないのに、気がつくとそうなっていることが、生きてゆくうちに何度もあるようです。

あるときは物理的に、あるときは精神的に、友人や周囲の環境から切り離されてしまうのです。

しかし、この日生まれの人にとって、1人でいることは寂しいというより、何かを生みだすチャンスになるでしょう。

外出して楽しく過ごそうと誘われても、家にいるほうを選ぶかもしれません。怖がっていたり消極的だったりするわけではなく、たんにそのほうが楽しいと思っているからです。なかには、この孤立した状態が良い仕事をするのに欠かせないと考えている人もいます

。とくに創造性に恵まれた人にと。てはなおさらです。普段からすばらしい集中力の持ち主ですが、1人でいるときには邪魔も入らず、心配事もなく、居心地がよいのです。

3月4日生まれの人の社交性

社交面では、大勢の人と軽くつきあうより、少数でも心の通じあう親友をもつことが多いでしょう。親しさを特別のものと見なし、人間関係や身のまわりのもののなかに、それを探し求める傾向があります。

気に入っているものに囲まれ、こぢんまりした安心できる場所に1人でいるときが一番幸せなのです。あまり広いところや、大勢の人がひしめいている場所では不安になってしまいます。

とはいえ、心の許せる集まりに出席した場合は特別の親しさを感じ、その気持を皆と共有できます。

居心地のよさを求める性格から、家や施設、オフィスなどを自分の好みに合わせて築こうとするのはごく自然な成りゆきです。シンプルで節度のある心地よさが好きなのです。

おそらく、物質的な欲求がそれほど強くなく、賛沢なものに心を動かされないからでしよう。

たとえ知らない人にでも自分の仕事の成果を知ってもらうと大きな満足を覚えます。

誰かが自分の仕事を気に入っていると伝え聞くほうが、面と向かって褒められる。そんなことをされたら困ってしまいます。よりずっと嬉しいのです。

恥ずかしがり屋なのはいいのですが、必要なときはもっと積極的になり、欲しいもののために努力することを覚えなければなりません。

もっと自己主張できるようになれば、それまで1人で身につけたことがたいへん役に立つとわかるでしょう。

タロット

4日のカードは皇帝。そのカの源泉である知恵を用いて、この世の事物を支配します。

皇帝は賢く頼りになる存在で、その権力は絶対です。

このカードのあらわす良い面は、強い意志の力と袞えることのない活力。悪い面には頑固、横暴があります。また、残忍を意味することも。

長所と短所

  • 長所
    控えめ
    親密
    自立している
  • 短所
    臆病
    引っ込み思案
    自分のことで頭がいっぱい

健康

社交的な面を充実させる努力が必要です。

趣味やクラブ、レクリエーション活動など、人と一緒に楽しめるものはすべてプラスに働きます。

運動は、チーム・スポーツやダンスなど社交的な要素のあるものが、肉体的にも精神的にも効果が大きいはずです。

自分の食事を作るには困らないほどの料理の腕前ですが、とくに嬉しいのは食事が楽しい社交の機会となるでしょう。

しかし、つねに人と一緒にいて長いあいだ自分の時間や空間をもてないと、なんとなく苦しく感じます。

これはプライバシーがなかった子供時代、あるいは親からの拒絶などで起きる心理的な問題が原因になっているのかもしれません。

アドバイスもっと人とつきあう努力をしましょう
人と交流する機会を増やし、1人でいることを現実逃避の手段にしてはいけません
閉じこもらず、外に出ること