驚くほどよく当たる!誕生日辞典「3月6日生まれ」

スポンサーリンク

3月6日生まれの人は美を愛する人

抗いがたく美に惹きつけられる。これが3月6日生まれの人のテーマです。

その美は、攻撃的なほど力強かったり、情熱的だったりする場合もありますが、たいていはさりげなく人を惹きつけるものです。

自分の感覚にぴったりくる人間、状況、環境、音楽、芝居、美術などに惹かれます。また本人も気づいていない魅力の持ち主です。

仕事で成功したい、人間的に成長したいと願うなら、何でも受けいれてしまわずに、自分の魅力を理解し、それをどのように利用したらいいかじっくり考えるべきでしょう。

目にとまったものや人のほうへ、何の抵抗もなく近づいていきます。たとえつかのまとわかっていても、その美しさを否定したり忘れたりすることができないのです。

抵抗できずに吸いよせられ、気づくより前に捕らえられています。おそらく自分でも気づいていない感受性の鋭さや、神秘やロマンチックなものに憧れるところがあるからでしょう。

3月6日生まれの人は美を追求する人

自分のなかで理想化した像を、外界に投影する癖があります。無意識のうちに、大きな期待をもって見てしまうのです。

美しいものに心を打たれたとき、本当の姿を見ずに、自分がそうあって欲しいと思うものを見ています。その目に映っているのは、自分の内なる欲求が、より完全なものに近づいた姿なのでしょう。つまりナルシスのように、水に映った自分に恋しているのです。

美こそすべてと考える人も多く、自分の理想とするもののために生活のすべてをかけ、必要とあらばその犠牲になることも厭いません。

自分自身も人の賞賛を受け、崇拝されるほどの魅力の持ち主です。このような引力は、往々にして世の中の道理から外れるものです。とはいえ、現実にはそれに関心をもち、必要としている人もいるのですが。

3月6日生まれの人の感覚

感覚を刺激するすべてのもの(手触り、音、色、匂い、味)は、まとまって1つの花束となり、力を与えてくれるでしょう。

しかし、ときにはそれから逃げられなくなってしまうこともあります。

なかには欲望や憧れの奴隷になってしまう人もいます。しかし、たいていの場合、ただ感じるだけでは美を深く愛し尊重したいという気持を満足させることができません。

もっと先、情の対象を理想化することが究極の望みなのです。いったん理想化したら、それとともに生き、同化してしまいたいとさえ考えるかもしれません。

けれども、そこには悲しい結末が待っている場合もあります。われを忘れて夢中になっていた時期が過ぎれば、魔法が解けてもとの自分に戻ってしまいます。

何かに魅力を感じたり、自分が他者を惹きつけたりするとき、客観的になることを覚えなくてそれが人生をコントロールし、人間としての可能性を発揮する鍵となります。

タロット

6日のカードは恋人たち。

男性と女性がもつそれぞれの性質を10にすることによって、全人類を結びつける愛情をあらわしています。

このカードのもつ良い面は、精神的にも肉体的にも、そして道徳的観点からも高いレルの愛情や願望。悪い面は満たされない欲求、感傷、優柔不断などです。

3月6日生まれの人は、自分の欲望と情熱の奴隷となり、また感受性の強くない相手に厳しく管理されているときでも、望ましい幸せな生活を送っていると感じることが多いようです。

長所と短所

  • 長所
    美的センスに恵まれている
    注意深い
    愛情をこめて人に尽くす
  • 短所
    ひとりよがり
    官能に溺れやすい
    流されやすい

健康

できるだけ美しいものに囲まれていたいと願う人びとです。できれば田舎道をのんびり散歩したり、定期的に休暇をとって都会の喧噪を離れたりするといいでしょう。

花壇や野菜畑があれば、ガーデニングはびったりの趣味になります。美しさも楽しめるし運動にもなります。健康とは、すなわち見た目を良くすることだと考えているようです。

食事も色や味、匂いの良いものが好きなので要注意。肥満につながる食べ物、とくに動物性脂肪をとりすぎる傾向があります。

このような欲求を抑えるのは難しいことです。節制など縁がないと思うかもしれませんが、ゴールに到達したいなら心すべきでしょう。

アドバイスこの世で価値があるのは美しさだけではありません
安直に美の誘惑に負けないよう気をつけて
自分のカの源が本当は何かを見つけ、その力を建設的に使ってください
人間としての成長も考えましょう
決別がどんなにつらくても、進んでいかねばならないときがあります