パソコンの裏技・基本ワザ「仕事の効率化②」

スポンサーリンク

キーボード一発でウィンドウが切り替わる

複数のウインドウを表示していると、目的のウインドウを探すのに手間がかかることがありますよね。そんなときは、マウスよりもキーボードで操作するほうが効率的です。

キーボードでウインドウを切り替えるには、「Alt」キーを押したまま「Tab」キーを押しましょう。画面中央にメニューが表示され、「Tab」キーを押してウインドウを選択できるようになります。

「Tab」キーを押すたびに右にあるウインドウが選択されていきますが、「Shift」+「Alt」キーを押したまま「Tab」キーを押すと、左にあるウインドウを選択できます。

小さい文字でもマウス操作で簡単に見やすくできる

Webサイトの文字が小さくて読みにくいときや、逆に文字が大きすぎてコンテンツをすべて表示できないときなどは、マウスを使って表示倍率を変更してみましょう。

「ctrl」キーを押しながらマウスホイールを奥に回すと表示倍率が拡大され、手前に回すと縮小されます。Webブラウザやソフトの機能を使わなくても、その場で拡大・縮小ができるので便利ですね。

WebブラウザやPDFファイルはもちろん、WordやExcelなどのOfficeファイルでも使えるテクニック。作成した文書全体のレイアウトを確認したいときなどにも重宝するので、ぜひ覚えておきましょう。