驚くほどよく当たる!誕生日辞典「4月15日生まれ」

スポンサーリンク

4月15日生まれの人は人間の本質を知る人

4月15日生まれの人は、極端なほどの現実主義者で、人生をありのままに受けとめようとします。人間の境遇に関心をもち、何をしていても、それについて考えたことを自分のことばで表現しないと気がすみません。

日常生活では、家族や友人が求めるものを形にしてゆくことに追われています。人が食べているものや着ているもの、考えていることやしていることを気にしてばかりいます。

それが行きすぎると、トラブルの原因になってしまうこともあります。親しい人たちは、じろじろ観察されることに腹を立て、プライバシーを守るため一人になろうとします。

さらに一歩踏みこんで自分の道徳観を押しつけるようになると、相手に抵抗されてしまうでしょう。ただし、相手が守られるのを好む依頼心の強い人だと、逆に感謝されるかもしれません。

4月15日生まれの人は霊感を持っています

強い霊感をもっているのも特徴です。そのすぐれた才能を目の当たりにした人は、畏敬の念をもち、いいなりになってしまいます。

残念ながら、人間的に成熟していない人の場合は他人の幸福を願う気持もやや小さいため、自分の信念を貫くことにこだわって、つい横柄な態度をとってしまいます。

むずかしいかもしれませんが、できるだけ周囲の人たちとの関係を明確にしておき、必要なときにはいつでも手をひけるようにしておくことが大切です。

あとは人の自由にさせ、成り行きのままにしておくのです。うまくいっていない事業や計画はいっそのこと潰してしまったほうがいいこともあります。

意地になって何とか維持しようとすると、かえって人に迷惑をかけるかもしれません。心をもっとオープンにして、素直になりましょう。

4月15日生まれの人は額面どおりに受け止めすぎます

新しい組織や施設の設立にすぐれた手腕を発揮します。けれども、できあがったあとは人にまかせて、新しい目標を追いかけたほうがよさそうです。でないと、管理するのに熱中しすぎて、自分の作りあげたものに縛りつけられてしまう恐れがあります。

その場合、毎日が同じことのくりかえしになって成長できなくなります。

なんでも額面どおりに受けとめすぎます。現実的で、能率を高めることに関心があるため、人の心の奥底が見抜けないのです。

そして、なにごとにも大人っぱい態度で接するので、自分のなかにある若々しい夢を忘れがち。人の本質を知るには、大人っばい面だけでなく、人間のなかにある未熟で子供つばい感情面も見逃してはなりません。

ユーモアを大事にして、ときにははめをはずし、あまり深刻にならないこと。

タロット

15日のカードは悪魔。性的な魅力を感じたり、情熱や不条理を感じるときに、ひんばんに生まれてくる不安や欲望をあらわす力ードです。

悪魔は、物質的な満足感や金銭を求める人間の気持につけこみ、とりこにしてしまいます。悪魔が象徴するのは、安定にしがみつく人間の本質なのです。

また、男女の気質のなかにある相容れない部分を利用して、人間を混乱させようとするのも悪魔です。性的魅力と情熱的な欲望の表現は、このカードのあらわす良い面でもあります。

さらにこのカードは、肉体に縛られていても精神は自由に羽ばたけることを思いださせてくれます。

長所と短所

  • 長所
    ぬきんでている
    組織に順応できる
    首尾一貫している
  • 短所
    黒白をつけたがる
    自分のことで頭がいっぱい
    自分を抑えすぎる

健康

なにごとにも熱心に取りくみすぎて健康をおろそかにしがちです。とはいえ体のことには詳しいので、なぜ健康に注意しないのか周囲の人たちに不思議がられます。

知識はあっても、病気の恐ろしさを実感していないのかもしれません。休養も必要です。

病気になったら焦らす、体を休ませるつもりでのんびりしましょう。体力作りはほどほどに。食欲はあるほうなので、変化に富んだ食事をとるようにしましょう。

アドバイス心をもっとオープンにし、素直になること
子供を観察して、そこから学びましょう
不条理だって、悪くはありません
拒否されることを恐れずに自分を表現し、はめをはずしてください、楽しんで!