パソコンの裏技・基本ワザ「仕事の効率化⑪」

スポンサーリンク

マウスポインターの調整が作業効率アップの決め手

狭いスペースで作業をしているときにマウスポインターを大きく動かしたい場合や、逆に細かい作業をしていてマウスポインターをゆっくり動かしたい場合は、マウスポインターの移動速度を調整してみましょう。

マウスポインターの移動速度は、コントロールバネルから調整します。「コントロールパネル」→「マウス」→「ポインターオプション」タブをクリックし、「速度」欄にあるスライダーをドラッグして設定しましょう。

高速スクロールで情報収集のスピードアップ

文書ファイルやWebサイトをスクロールするときは、マウスの中央に装着されているマウスホイールを使うと便利ですが、頻繁に使うならスクロールの速度をカスタマイズしておきましょう。

上記内容と同様の手順で、マウスホイールの設定も「コントロールバネル」の「マウス」から行います。「マウスのプロパティ」の「ホイール」タブをクリックし、「垂直スクロール」欄にある「1度に次の行数スクロールする」を選択して数値を増やせば、大きくスクロールされるようになります。

また、「1画面ずつスクロールする」を選択すると、マウスホイールを回すたびに1画面分がスクロールされるようになります。