驚くほどよく当たる!誕生日辞典「5月11日生まれ」

スポンサーリンク

5月11日生まれの人は無邪気な空想家

5月11日生まれの人は、一風変わった世界観をもています。けれども、人前で思ったことをそのまま口にしたり、空想を行動に移したりすれば注目の的になってしまうので、できるだけおもてには出さないようにしています。

とはいえ、極端なタイプは奇抜な面を気にせず見せてしまいます。そのため、家族や友人はその言動にドキッとさせられたり、をひそめたりするでしょう。

一風変わったといっても、ほんの少し規格外の人から、別世界から来たように見える人までさまざま。しかし、共通点は奇想天外な発想です。それが解き放たれると手がつけられなくなることもあるでしょう。

仕事で成功をおさめる人は、夢や想像力を現実の社会で役立てることができます。なかには奇抜な発想を利用して金儲けをする人もいますが、その場合も応援してくれる人の信頼をつなぎとめるための努力が必要です。

その発想が客観的に見て有益で、人を感心させ、興味をもってもらえるものなら、人に感謝され、報も得られるでしょう。一方、夢のような計画や実現不可能な企画ばかりだと、自分の創造力は満足させられても、人びとの気持は離れていくでしょう。

5月11日生まれの人はありのままの姿を受け入れていくれる人をのぞみます

友人や家族に「無害な人」というレッテルを貼られてしまうと、いくら熱弁をふるってもにこやかに聞いてくれるだけで、まじめには受けとってもらえなくなります。

そうなったら完全な無視以上に、深く傷つくことになります。その結果、自信をなくすか、本当の自分を隠して世間並みに見せようとするでしょう。

自分のことをよく理解し、非難や批判ではなく、ありのままの姿で受けいれてくれる人を心から待ちのぞんでいるのです。

たしかに、話は大げさだったり、大言壮語だったり、ときには事件や登場人物を創作してしまうことさえあります。

それに慣れている親しい友達や同僚なら、作り話だと承知のうえで話半分に聞くことができます。しかし、だまされやすい人だと真に受けてしまうでしょう。

もちろん肝心なときには本当のことしか話しませんが、それでも額面どおりに受けとるのは考えものです。

5月11日生まれの人は窮地に陥ってもうまく切りぬけられます

ほら話は生活にいを与えてくれるものでもあり、本人にはまったく悪気がありません。悪いところがあるとすれば、うぬほれの強いところでしょう。とはいえ、じつは内心に不安があり、人に好かれたい一心で自分の存在を誇示しているだけなのです。

作り話をしたり奇矯な行動に出たりと、子供っぽいやり方で人の気を引こうとするのもそのせいです。幸い、もって生まれた魅力のおかげで、窮地に陥ってもうまく切りぬけられます。

タロット

11日のカードは正義。片手に秤、もう一方の手には剣をもち、静かに坐る女性が描かれています。意味するものは宇宙の秩序。そのバランスと調和は、人間の生のなかにもつねにあることをあらわしているのです。

このカードのもつ良い面は清廉潔白、公正、誠実、自制です。また、決断力に乏しく保守的すぎることや、冷淡、不平などの悪い面をもっています。

長所と短所

  • 長所
    想像力に富む
    クリエーティブ
    愉快なことが好き
  • 短所
    現実離れしている
    同情心に欠ける
    孤立しがち

健康

この日生まれの子供は豊かな想像力をもっているので、仮病をつかっても親はなかなか見抜けません。また、緊急事態なのか、大したことがないのか、判断できないこともあるでしょう。

見抜くこつは、作り話のパターンや子供の心理を理解すること。大人の場合は健康管理が得意で、長生きする人が多いようですが、気の病には要注意。

食生活が極端になることもありますが、それでも健康は維持できるでしょう。

アドバイスあなたがいくら使命に燃えていても、他人には推測できません
理解できるように話さないと信用をなくしてしまいます
頭のなかで空想したことを全部口に出さないように
計画やプロジェクトは慎重に選び、想像力をコントロールすること