驚くほどよく当たる!誕生日辞典「5月12日生まれ」

スポンサーリンク

5月12日生まれの人は茶目っ気のある一匹狼

5月12日生まれの人は、いたずらっ子のような魅力をもっています。その茶目っけはトラブルのもとになるほど極端なものではなく、人をからかったり陽気な悪ふざけをしかけたりする程度です。

なかには非常にまじめな人もいますが、何かと軋あつ轢れきが多いようです。人と足並みをそろえて行動できないからでしょう。自己流のスタイル弯あり、それが原因で人と衝突しやすくなるのです。

5月12日生まれの人は他人の嘘を暴きます

疑わしい主張をする相手をいいまかしたり、皮肉を浴びせたり、相手を打ちのめすほどあざけることにこの上ない喜びを感じるのです。

だからといって、自分に絶対の自信があるわけではなく、本心を人にはなかなか明かしません。自分の人生観や主義については話したがらないのです。

けれども、人のことには関心があり、悩んでいる人のためにすばらしい解決策を考えつくこともあるでしょう。また、社会の制度や体制に逆らうことが多いため、急進論者や反体制主義者だと思われることもありますが、これはたいへんな誤解です。

本当は保守的で、たいへん論理的な考えをもっているのです。近よりがたい印象の人や、、そうでなければ、そっけなくて冷たい感じのする人もいますが、その無表情な顔つきや批判的な目つきは、人を寄せつけないために張りめぐらしたバリアーなのです。

5月12日生まれの人はリーダーになることが多いでしょう

ただし、自分から進んでなろうとするのではなく、目上の人に実力を認められて選ばれるのです。能力があるだけでなく、献身的で熱意もあるため、グループのなかで重要な存在になります。

目上の人だけでなく、同僚や仲間にも思いやりがあり、また、自信にあふれているので仲間から慕われるでしょう。

そのため、グループのスポークスマン役を頼まれることもあります。人には好かれるのですが、どこか近よりがたいところがあって、他人とのあいだに距離をおこうとします。しかし、ユーモアのセンスだけは絶対に忘れません。

思慮深いので、とんでもない思い違いをしたり、人から笑われたりするようなことはまずありません。空想にふけることもなく、その明晰な頭脳で、社会のばかげた慣習や間違った考え方を指摘します。

本人も自分のことをまじめな人間だと思っています。ことばにとげがあるのは、人の愚かさや間違いが見えてしまうからなのです。すばらしい友になりますが、敵にまわすとこれほど手強い相手はいません。

タロット

12日のカードは吊された男。1本の足で、逆さ吊りになっている男が描かれています。体は自由になりませんが、吊された男は強い意志をもち、深い思索にふけっています。

このカードがあらわす良い面は、自分の限界を知り、克服すること。また、飾りのない、ありのままの人間でいることも意味しています。悪い面は心が狭く、広い視野をもたないところです。

長所と短所

  • 長所
    頭脳明晰
    才能に恵まれている
    風刺の才がある
  • 短所
    過剰な批判をしやすい
    周囲の平穏をかき乱す

健康

どんなものでも好き嫌いなく食べます。それでも太らないのは、エネルギーの燃焼が早いからです。だからといって、調子にのって食べすぎると、新陳代謝を妨げ、人一倍繊細な神経にもよくないので、ほどほどに。

心のやすらぎが得られるよう自己観察や瞑想をするといいでしょう。茶目っけがあって、多少のことは大目に見てもらえるタイプなので、否定的な感情や腹立たしさを発散するクリエーティブなはけ口を見つけることができます。

エネルギッシュな人だけに、あまり激しい運動はすすめられませんが、運動競技が得意な人はもちろん別です。

アドバイス人の意志を尊重すること
みんなの好きにさせておいても大丈夫
手厳しい批判はできるだけしないようにして、人間関係を大事にしましょう
自分と他人の両方への愛情を忘れないように