驚くほどよく当たる!誕生日辞典「5月17日生まれ」

スポンサーリンク

5月17日生まれの人は基本を貫く人

5月17日生まれの人は、人生に対する基本的な姿勢を大切にし、原点に立ちかえりたいと願っています。芸術的なものであろうと、経済的または政治的なものであろうと、シンプルながら奥の深い意見を必ずといっていいほどもっています。無駄なものをはぎ取り、信念を貫くためにはいっさいの妥協をしないところが、まっすぐな生き方を特色づけているのです。

あまり機転が利くほうではありません。思っていることをそのまま口にして、あとはどうなろうとまったく気にしないのです。

本人は面倒を避けるつもりでそうしているのでしょうが、実際はその逆です。放っておいてもらいたいのに、周囲では口論が絶えません。

本人はけっして口数が少ないほうではありませんが、なかなか本心を明かそうとはせず、手の内も見せません。

ふつうはなかなか心を開きませんが、信頼する相手には正直に自分の気持を話します。とはいえ、そう簡単には人を信用しないので、信頼関係を築くまでが一苦労。あまり用心しすぎないで、もっと他人の善意を受けいれるようにすべきです。

5月17日生まれの人は一匹狼タイプです

プライドが高くて、人の助けを借りたがらないでしょう。一匹狼タイプなので、ほとんどのことは1人でやってしまうのです。

その一方で、ロには出さないものの、人一倍愛情を求めており、とくに家族や友人の精神的な支えを必要としています。

近寄りがたく人を拒むような冷たい鎧の下には、お人好しのやさしい側面と、今にも檻から飛びだそうとしている虎のような側面の両方を隠しもっているのです。

意識を拡大するようなドラッグのたぐいは、ただでさえ不安定な感情が手におえない状態になるので絶対に避けなくてはいけません。

5月17日生まれの人は狂信的だと思われるほど夢中になる癖があります

驚くべき集中力と確実にやりとげる力を備えていますが、健康とスタミナはそれほど長くは続きません。けれども、人間的に成長した人はエネルギーをセープしながら使うので、精神的に安定し、幸せな状態でいられます。

自分の運命に腹立たしさを感じることがあります。生きてゆくためにしているさまざまなことに不満を募らせ、しだいに憤りを感じるようになるのです。

自分の置かれた状況を受けいれることがどうしてもできないようなら、考え方や仕事をいっそのこと変えてしまったほうがいいでしょう。

しかし、そんな道を選ぶ人は少なく、いったんはじめたことは、楽しくてもつらくても最後までやり抜こうとします。最大の目標は、幸せだと思えるようになること、ただそれだけなのです。

タロット

17日のカードは星。裸の美しい娘が、星の下にいます。

彼女は1つの水差しで乾いた大地を潤し、もう一方の水差しで池のよどんだ水を生きかえらせているのです。娘か象徴しているのは地上の生命の繁栄。

しかし彼女の肉体はその繁栄の奴隷であることも示されています。一方で、頭上の星は精神的な世界の存在を思いおこさせます。

5月17日生まれの人は、過度に物質的になることに注意し、より高い位置にあるゴールを見失わないように。

長所と短所

  • 長所
    ひたむき
    責任感が強い
    熱心
  • 短所
    ストレスを溜めすぎる
    人をいらだたせる
    人の過ちを追求しすぎる

健康

自分に大きなプレッシャーをかけてしまいます。そして、その無理がたたって首や腰の痛みとなります。定期的な休暇を忘れずにとって、心も体も休める必要があります。

マッサージやハープバス、指圧などがいいでしょう。けれども、無理のしすぎは禁物。のどが弱いので、のどの乾きや痛みには注意しましょう。

アドバイス肩の力を抜いて、自分のことを笑いとばせる人間になってください
そんなに深刻にならないで、気楽に生きましょう
無理に環境を変えようとしても、良い結果は得られません
なんでも素直に受けいれること
十分な休息をとり、満足感や幸福感を積極的に求めましょう