Amazon Echoで赤外線家電操作 家電をIoT化へ 頼むよアレクサ!

Amazon EchoとeRemote Miniをつなげてみた

eRemote Miniのレビュー

Amazon Echoの導入とともに、家電操作もしてみたくなりました。
そこで「eRemote Mini」の登場です!

eRemote Miniとは、Link Japanより販売されている、外出先からのスマホアプリによる家電操作とスマートスピーカーからの音声操作にも対応した、赤外線リモコンから家電操作を可能にするスマートリモコンです。

赤外線信号を学習させ、その情報をAmazon Echoのアクションに追加すると、音声で家電が操作できるというすぐれものです。

部屋の電気をつけたままベッドで寝落ちしてしまった際に、近くにシーリングライトのリモコンがない時には、「アレクサ、電気消して」「ハイ」というようなやりとりも可能になります。

また、外出先からエアコンをeHomeアプリで操作を行い、帰宅前に部屋を冷やしておけるので、この夏大活躍しました。

設定方法▼

eHomeアプリはこちからから▼


Get it on Google Play

設定のPOINT①スマホにeHomeアプリをインストール
②eHomeアプリとeRemote miniの連携(リンク)
③eRemote miniと家電リモコンの連携(リンク)
④Amazon Echoの固定アクションの設定
(音声操作される方対象)
設定内容(参考)

eHomeアプリの設定ですが、「デバイス」の追加で、対応しているリモコンがある場合にはマニュアルのとおりに設定すればいいのですが、対応していないリモコンがある場合には、少しテクニックが必要です。

私の場合には、テレビのリモコンがどうしても対応しているものが見つからず、電源のON・OFFしか設定できなかったので、その電源ON・OFFの機能を活かし、電源ONの設定にテレビの各チャンネルボタンの信号を読み込ませ、1チャンネル1デバイスとして認識させました。

こんな感じです▼

もし対応したリモコンがない場合に参考になればと。

Amazon Echoの設定は、Alexaアプリの「定形アクション」に追加を行い、スマートホームの「アクション」(eHomeで設定したもの)を選択するだけです。

こんな感じです▼

この設定で、スマホアプリでは外出先より家電の操作が可能となり、Amazon Echoからは音声で家電を操作してもらうことができるようになります。

スマートスピーカーをお持ちの方は、スマートリモコンの導入も検討されてはいかがでしょうか。非常に便利ですよ~。