コーヒーが大好きなあなたに徹底解説!その奥深き歴史を勉強し時代背景を思い浮かべて幸せなひとときを味わいましょう

コーヒーの歴史

日本では様々な種類のコーヒーが飲まれています。
私も朝の一杯からはじまり、仕事中はもちろん、ほぼ毎日その味を楽しんでいます。

これから寒くなり、ますますコーヒーがおいしくなる季節となります。
そんなコーヒーをより深く知るためにも、コーヒーの歴史について見ていきたいと思います。

そもそもコーヒーってどこからきたの?コーヒーの起源

コーヒーの原種はエチオピアの高原に自生していて、その効用に気がついた現地に暮らす人たちにより、はじめは実を砕いて煮出して食べていました。

そのコーヒーが、どのように今のような飲み方に進化・発見されたのか、有名な発見伝説が2説あります。

伝説その1 ヤギ飼いカルディの伝説

ヤギ飼いのカルディはある日、放し飼いをしていたヤギが赤い実を食べてとても興奮し跳ね回っている姿を見ました。

そのことを修道院長に相談し、一緒にその実を食べてみたとこと、全身に精気がみなぎり、スッキリとした気分になったとのこと。

それ以降、夜勤行の時にその赤い実を煎じて飲み、睡魔と戦っていたようです。某有名輸入食品店にこの名前がついているのも、この伝説からのようですね。

伝説その2 シェーク・オマールの伝説

イスラム教徒のシェーク・オマールは、ある罪にとわれアラビアのモカからオウサブというところに追放されてしまいました。

食べるものがなく、ひもじい思いでさまよっていると、小鳥が赤い実をついばんで陽気にさえずっているのを見ました。

オマールはその実をとって煮込んでみると、素晴らしい香りのスープができあがり、飲んでみると疲れが吹き飛び心身ともに活力がみなぎったとのこと。

その後、オマールはその実を用いて多くの病院を救い、その評判は国王の耳に届き罪を許されモカに帰ることができました。

モカに帰ってからも多くの人を救い、のちに聖者として崇められました。

アラビア半島を北上

コーヒーは6世紀くらいから飲まれていたのではないかと言われています。

飲用していたのはイスラムの宗教者たちで(イスラムの医学書では9世紀末と記載)、儀式と修行の場面で、赤色の土器の碗で配り飲んでいました。

その後、イエメンへと伝わり13世紀になると焙煎が始まります。

さらに15世紀末にはアラビア半島を北上しメッカとメディナに伝わり、1510年ごろにはエジプトはカイロに伝わりました。

しかし、このような素晴らしいものがいつまでも宗教者たちだけで独占はできず、普通の宗徒が口にするようになり、徐々に世俗の一般的な飲み物として普及していきます。

高揚感をもたらすコーヒーを飲み、人々が賭け事や歌に踊りに興じるようになります。それを謹厳な宗教者たちは不謹慎だと一般人のコーヒーの飲用は禁止にすべきだといい、偽政者はいつしか政治批判につながるのではと心配になったとのことで、たびたび禁止令が発令されますが、しばらくするとまた盛んになると、繰り返しでした。

1587年にはアブダル・カディールが『コーヒーのまっとうなる使い方を擁護する弁論』を著し、コーヒーを弾圧しようとする言論にたいして反論しています。

この本は写本で伝わり、アラビアに派遣をされていたフランス大使によってパリに持ち帰られました(今でもパリ国立図書館に保管)。

ヨーロッパへはイタリアから

コーヒーがヨーロッパに伝わり始めたのは16世紀末~17世紀初めとされています。

当時は、異教徒の黒い飲み物がイタリアで流行り、それに苦々しく思ったキリスト教徒が教皇に禁止を請願しました。しかし試しにコーヒーを飲んだ教皇はこれを「うましっ!」とし、キリスト教徒の飲み物にしてしまおう!としました。

1615年にはベネチアに薬として伝わり、かなり高価なものでありました。1645年にはイタリアで最初のカフェ(caffe)が誕生し、1683年にはベネチアでカフェが開店しました。

豆知識
コーヒーのスペルに「f」が重なるのは、イタリア語のカフェからの派生です。

当時の有名なカフェ
1720年 カフェ・フローリアン(ベネチア・サンマルコ広場):町の社交界の場として
1760年 アンティコ・カフェ・グレコ(ローマ・コンドッティ通り):作家や音楽家、画家たちが訪れる

栽培地の拡大へ

世界初のコーヒーの記述が登場したのは9世紀末のイスラム医学書であったことは説明しましたが、野生種の採取ではなく、コーヒーノキの栽培もこの頃から少しづつ開始されました。

15~16世紀にはアラビア・イエメンで栽培されるようになりましたが、他国への持ち出しの禁を破り移植する者が現れます。

栽培地拡大年表

1616年 イエメンのモカよりオランダへ
1658年 オランダよりセイロン島へ
1670年頃 イエメンからコーヒーをひそかに持ち出しインド・チクマガルルにて栽培に成功
1699年 オランダ人がインド・マラバルから持ち出しジャワ島へ移植
1670年 ジャワ島からアムステルダムへ苗木を送る(カリブ海諸島や南米への苗木移植の元)

1714年 オランダ・アムステルダム市長がフランス国王ルイ14世に苗木を献上
1715年 フランスがイエメンからブルボン島へ移植
1718年 オランダが南米スリナムへ移植
1722年 フランスが南米ギアナでの栽培に成功
1723年 フランス海軍士官がパリの植物園からマルティニーク島へ移植
※航海の間、苗木を枯らさないよう自身の飲水を苗木に与えていたという有名な逸話がある

▼これよりコーヒーベルトの適地すべてに移植
1727年ブラジル州知事が海軍大佐をギアナに派遣、派遣先よりコーヒーの苗を持ち帰らせ栽培開始
※ギアナ総監婦人が海軍大佐と恋に落ち、別れの花束にコーヒーの苗を忍ばせた逸話が有名
1728年 
マルティニーク島からジャマイカへ移植
1750年 
ジャマイカからグアテマラへ移植
1760年 
インドからブラジル・リオデジャネイロへ移植
1770年 
ブラジル・リオからサンパウロへ移植
1790年 
メキシコで栽培開始
18世紀後半 
コロンビアで栽培開始
1825年 
ブラジルからハワイへ移植
1865年 
ベトナムで栽培開始(西アフリカからロブスタ種の持ち込み)
1877年 
タンザニアへ移植
1878年 
日本・小笠原での実験栽培に失敗
1884年 
日本が台湾で栽培開始
1892年 
イエメンからケニアへ移植
1900年 
ウガンダへ移植

アメリカへは移民とともに

1492年のコロンブスの新大陸発見以前に北米大陸へはヨーロッパからの移住者はいたとのこと。

10世紀にはヴァイキングが移住し、16世紀以降ヨーロッパ各地からたくさんの植民者が入植しました。

その時期にコーヒーがヨーロッパに普及した時期とも重なり、彼らがヨーロッパでコーヒーを親しんだあとにその文化を持ち込んだことは容易に想像できますね。

ちなみに、アメリカに初めてコーヒーを伝えたのはジョージタウンを建設したジョン・スミス船長であると言われています。

ボストン茶会事件

「ボストン茶会事件」はアメリカにおいてコーヒーを圧倒的に支持されていく大きな契機となりました。

この事件以前のアメリカは、茶に対する嗜好が強まっていました。しかし、植民地への輸入品に重税を課した本国への反発があり、1773年にボストン市民は茶の輸出をしていた英国船に乗り込み、積載されていた茶を海に投げ込みました。

これを機に、英国からの独立戦争が勃発、茶の不買からコーヒー嗜好へと変化を見せます。

ボストンの「グリーン・ドラゴン」という居酒屋兼コーヒーハウスは、茶会事件の首謀者や独立戦争の将軍などの愛国者のたまり場となり「独立戦争の本部」と呼ばれました。

アメリカが世界一のコーヒーの消費国へ

独立後のアメリカは未開の地となり、建国途上の国でありました。

そこでは、マナーを気にしながら茶を飲むよりも、ブリキのカップで無造作にコーヒーを飲むほうが、緊張をがほぐれやる気を起こす、未開拓の地を建国する人たちにとってふさわしい飲み物となりました。

19世紀以降は、カリブ海や中南米での栽培地の拡大により、コーヒーの消費量が飛躍的に伸びました。

日本におけるコーヒーの飲用~長崎出島から~

日本でのコーヒー飲用の始まりは長崎出島であると言われています。

17世紀半ばにオランダがセイロンでコーヒーの栽培に着していたことから、唯一貿易が許されていたオランダから日本へコーヒーが入ってきたことは当然のことのように思われています。

コーヒーが最初に現れたことを志筑忠雄の『萬国管窺(ばんこくかんき)』で「阿欄陀の常に服するコッヒィというものは、形豆のごとくなれども、実は木の実なり」と記しています。

大田南畝は『瓊浦又綴(けいほゆうてつ)』の中で「紅毛船にてカウヒイというものを勧む、豆を黒く炒りて粉にし、白糖を和したるものなり、焦げくさくして味ふるに堪ず」と、初めてコーヒーを飲んだことを記しており、食通の彼でもコーヒーの味は好きになれなかった様子でした。

もちろん好んで飲んでいた日本人もいたようですね。

コーヒーが初めて日本に輸入されたのは1858年の日米修好通商条約調印を機に、初の喫茶店は「可否茶館」で1888年に東京下谷黒門町に開業されました。

コーヒーの黄金時代~暗黒時代そして戦後復興から高度経済成長へ

大正から昭和初期までが日本コーヒー黄金時代と言われ、洋食店やホテルなどで、一般的にコーヒーが提供されるようになりました。

しかし、コーヒーの輸入がピークとなった1937年に盧溝橋事件が起こり、中国での戦争に突入。1941年には米国との戦争が始まり、コーヒーのような100%輸入品は「贅沢品」として社会から姿を消しました。

1937年からの10年は日本ではコーヒーの暗黒時代となりました。

戦後復興とともに、人々が最も渇望していたのは喫茶店であり、最も早く復活した業種であると言われ、1951年には戦前のピークを超える輸入量となりました。

当時は住宅難で、住まいは「団地」が盛んに建てられますが、狭い住宅ではお客を招くことができなかったので、そういった場合には喫茶店へ行き、コーヒーを嗜んでいました。

喫茶店同士の競争も盛んになり、一杯ずつ手作業で淹れ、職人技を売りとする店も現れ、「歌声喫茶」「音楽喫茶」「テレビ喫茶」と様々な喫茶店が誕生しています。

高度成長期~現在

1960年にコーヒーの生豆の輸入が全面自由化され、高度成長期の中で国内生産をはじめたインスタントコーヒーが普及し始めました。

1970年代に入ると、サイフォンやペーパードリップで各国産のコーヒーを提供する、コーヒー専門店が誕生し、1980年代には、セルフ式のコーヒーチェーン店が台頭し低価格でコーヒーを楽しむスタイルが一般化されましたが、一方で喫茶店の業態転換や廃業が相次ぎ、1982年以降は減少に転じました。

今では、シアトル系カフェの広まりや、アメリカ初のコーヒーのサードウェーブが拡散し、コンビニエンスストアで挽きたて淹れたてのコーヒーが安価手軽に買えるようになっています。

毎朝仕事へ向かうサラリーマンやOLさんたちが、買って出社する姿をよく見かけるようになりましたね。

まだまだコーヒーの飲用は日本国内でも拡大を続けています。

最後に

自分がコーヒーが大好きで、そのルーツや歴史を知ることで、より楽しいコーヒーライフを送れるのではないかと思い解説させてもらいました。
様々な時代を乗り越え、今のコーヒーが日本で飲めるようになったのですね!

本記事を読んでくださった皆さんにおいても、現在コーヒーが大好きなあなた、これを読んでコーヒーを飲みたくなったあなたも、ルーツや歴史背景を思い返しながら、コーヒーライフをより充実させてもらえれば嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。