お肌が乾燥するのは入浴方法にあり!洗い方やケア用品をもう一度チェックしましょう

冬になると多くの人を悩ませるのは「お肌の乾燥・かゆみ」ですね。

寒くなるとそもそも空気が乾燥しますので、皮膚の水分が奪われ乾燥することでかゆみを発生させます。

冬のお肌の乾燥を防ぐには、皮膚の水分をなるべく落とさないことが大切で、そのためには、入浴の方法・体を洗う石鹸・入浴後の保湿ケアが大事となってきます。

そこで、毎年乾燥肌となり、かゆみを多く発生させてきた私が、冬の間、その乾燥・かゆみを軽減できた結果とともに、入浴と保湿の正しい方法・使っているケア用品について紹介します。

肌が乾燥する原因の一つである入浴方法を見直しましょう

長時間の入浴や、温度が高めのお湯に浸かることは、血行がよくなり皮膚の汚れが落ちやすくなるという効果がありますが、逆に熱いお湯に浸かりすぎると皮膚膜を溶かし角質の保湿成分が流れ出してしまい、乾燥の原因となります。


また、血行がよくなりすぎてかゆみが増すというデメリットがあります。

乾燥肌対策として、そういったデメリットを回避するためには、まずお湯の温度は38℃~40℃の低めの温度で浸かるようにしましょう。また、入浴時間は10分程度におさめるようにしてください。長風呂は要注意です。

さらに入浴の際には、私はこの保湿入浴剤を投入し保湿効果をあげています。
例年よりも乾燥やかゆみを抑えることができています!
香りもきつくなく、お湯がなめらかになりますので、ご自身の肌にあった入浴剤をみつけましょう。それもまた楽しみの一つになりますね。

肌が乾燥する時期は、血行を良くすることではなく、お肌をケアすることを優先しましょう。

体の洗い方にも肌を乾燥させる原因が潜んでいます

お湯に浸かり、毛穴を全開にしたところで、徹底的に汚れを落とすためにゴッシゴシ!したいですよね。・・・いけません。

せっかく保湿入浴剤で保湿効果を高めたのに、その成分・効果を根こそぎ落とすようなこと、更には肌を保護している角質の保湿成分を落としてはしてはいけませんね。
肌の乾燥・かゆみの増発間違いなしです。

タモリさんや福山雅治さんなどは、石鹸もボディソープも使わないらしいですが、さすがにそれは・・・と思う方は、まずボディソープをしっとり系の石鹸に変えてみませんか。


私はコレ!青箱と赤箱があるのですが、青箱のものは「さっぱり系」なので、冬場の私は迷いなく赤箱。

体だけではなく、洗顔もこの石鹸にした結果、毎年かゆみがでていた体はもちろん、顔の顎周りのかゆみがなくなりました。

更に、体を洗う時にはボディタオルをやめて、手でなでるように洗うとなおよしです。
ゴシゴシ痛いやつはもってのほかですね。

入浴すること自体で体のある程度の汚れは落とせていますので、追い打ちをかける行為は注意です。

入浴後の保湿も大事です

乾燥肌対策は、入浴時にそのほとんどは解決できますが、入浴後もケアすることでその効果をより持続させることができます。

いろいろな保湿ケアクリームを試しましたが、どれも大した効果がなく、今私がこれだ!と思って使っているのが「フェルゼア リペアベール ボディーミルク」です。

かなりの高保湿効果が期待でき、赤ちゃんや敏感肌にも使用できるということで、冬場の乾燥肌対策や、乾燥してしまい粉がふいてしまった箇所に使っています。

クリームを塗ったところは、翌日のかゆみが一切なくなります。少しお値段高めですが、その効果は抜群ですので、それくらいの値段がしてもおかしくないと思っています。

ご自身にあった保湿ケアクリームがなかなか見つからない方、一度お試しあれ。

また、入浴後の保湿にはタイムリミットがあると言われており、入浴後10分以内の保湿対策をオススメします。これ以上時間が経過してしまう時間の経過とともに、どんどんその効果が薄れてしまいますよ。

いかがでしたか。冬場の乾燥肌に悩みを抱えている方は少なくないと思います。
今日からでも、お手軽に改善することができるものばかりですので、まずは、日々の入浴方法から見直してみてはいかがでしょうか。

これから冬本番ですので、事前に対策をしておくことで、よりその保湿効果を継続させることができるでしょう。

脱乾燥肌!そして脱かゆいかゆい!身近なことからコツコツと。