趣味/ホビー

宇宙

宇宙を思い浮かべる⑬「月の表面」

クレーターや海のでき方 月のクレーターの成因について、古くは2つの説が論じられていた。1つは火山の火口であるとする説。もう1つが、天体の衝突によって形成されたとする説です。 かつては火山起源説が優勢であった時代もあります。 論争に決着がついたのは、 アポロ計画による月の直接探査の成果です。持***
宇宙

宇宙を思い浮かべる⑫「月」

身近な天体「月」 DATA軌道上半径 : 384399km 公転周期(恒星月) : 27.321662日 自転周期 : 27.3217日 地球のたったひとつの衛星である月。かつ地球に最も近い天体は、地球環境に大きな影響を持ちます。 月の重力は地球の気候を安定させ、海洋に干満をもたら***
宇宙

宇宙を思い浮かべる⑪「太陽の活動ーオーロラ」

オーロラのメカニズム 高緯度地域の空を彩るオーロラ現象は、太陽の活動が活発な時期に多く発生します。 太陽風と地球磁気圏との相互作用が、美しい大気発光の源泉となっています。太陽風の荷電粒子は地球磁気圏に取り込まれ、磁気圏尾部のプラズマシートに蓄積されます。 この領域で電子やイオン***
宇宙

宇宙を思い浮かべる⑩「太陽表面のさまざまな現象」

太陽表面の現象 フレア 太陽の活動が活発なときに、コロナで起きる爆発現象がコロナです。 活動領域の磁場に蓄積された磁気エネルギーが磁力線の再結合によって解放される現象だと考えられており、熱エネルギーや運動エネルギーを注入されたコロナガスは100万Kを超す高温まで加熱されます。 フ***
宇宙

宇宙を思い浮かべる⑨「太陽」

自ら光輝く恒星である太陽の姿 DATA赤道半径 : 696000km 自転周期 : 25.3800日 質量(地球=1) : 332946 太陽は地球に最も近い恒星です。半径6.96✕108m(地球の109倍)、質量1.99✕1030kg(地球の33万倍)の巨大なこの天体は、水素とヘリウム***
宇宙

宇宙を思い浮かべる⑧「地球の活動」

大陸の形成 誕生初期の猛烈な室温効果によって地表まで熔融していた地球は、軽い岩石と分離した重い金属が内部へと沈降した結果、冷却・固化した表面の「プレート」、内部の「マントル」、最奥部の「核」に分化しました。 約20億年前に最初の超大陸形成がされ、内部では重力勾配や熱勾配による大規模な対流がマ***
宇宙

宇宙を思い浮かべる⑦「地球誕生のふしぎ」

太陽系の誕生 約50億年前、重力収縮をはじめた分子雲から太陽系が誕生しました。 密度と温度が上昇した原始太陽の周りを、ガスとダスト(塵)の「原始太陽系円盤」が取り巻いていました。円盤の赤道面に沈降した微小なダストの吸着から惑星の形成が始まります。ダストから成長した「微惑星」は激しい衝突と合体***