貯蓄

貯蓄

貯金ができる人は投資の損に鈍感です

お金がなくなる人は投資の損に敏感です 「お金がなくなる人」が投資をしたときの特徴として、ちょっとマイナスになると売ってしまう悪癖があります。ほっておけば株価は戻ったかもしれないのに、数%くらいの値下がりで焦って売ってしまう傾向にあります。 「回復の見込みがない企業の株をいくら下がって***
貯蓄

貯金ができる人は、電子マネーをちびちび入金します

お金がなくなる人は電子マネーをオートチャージします 電子マネーをまったく利用しないという人はほとんどいなくなりました。交通系ICカード(JR東日本のSuica等)を使って通勤する人は、どのコンビニでも利用できる電子マネーを保有しているということですし、社員証などに楽天Edyが付随している会***
貯蓄

貯金ができる人は、株価下落をチャンスと考えます

お金がなくなる人は、株価上昇をチャンスと考えます 資産運用について、お金が「貯まる人」と「貯まらない人」の違いは確実に現れます。「貯まらない人」の典型は、株価が下がっているときは怖くて投資をしないという思考です。 マネー雑誌の売上は株価に連動しているともいわれ、一般個人の投資への興味***
貯蓄

貯金ができる人は、財布に万札を入れません

貯金をしたければ手元に多く現金を置かないこと 財布に今いくらくらい現金を入れていますか?の質問に 「2~3万円くらいかな」「5万円はあるかな」 と言うような人は「貯金ができない人」である恐れがあります。 もし、しっかりお金が貯められる人のようにムダづかいを控えたいのであれば、現金***
貯蓄

貯金ができる人は、健康も財産と考え運動をします

健康は大きな財産です お金持ちとは少し意味合いが異なりますが、健康でいられる人はそれだけで一財産を得たようなものです。 40歳で糖尿病になったある人は、毎月通院しなければならないのはもちろん、毎回1万~1万5000円くらいお医療費の負担をし続けます。これからずっと病気とお付き合いして***
貯蓄

貯金ができる人は、安いランチも高いランチにも行きます

バランスの良い節約をして貯蓄体質になりましょう 同じ職場内の仲間や同僚は、同じように仕事をして給料をもらい日々生活をしていても、お金が貯められる人はしっかりと貯め、お金がなくなってしまう人は散財してほとんど残っていないということをよく聞きます。 普段から収入やお金のことを仲間内でする***