仕事

仕事

人事・採用術「応募者に向き合うことからすべてが始まる」

リスクと向き合う戦術 リスクマネジメントの効いた採用選考は、言うまでもなく、応募者と向き合うことから始まります。しかしながら、日本の会社の多くが、その取り組みを苦手としているように感じます。 「応募者と正対して、その人の本質を知ろうとする取り組みを崩さない」会社は、大手中小を問わず、***
仕事

人事・採用術「採用の怖さに向き合うリスクマネジメント」

期待にあふれる採用は、悲劇を招きやすい 言うまでもなく、採用は会社にとって大イベントです。小さな会社であれば、なおさらです。それが新卒採用であっても中途採用であっても、その採用によって多かれ少なかれ会社の何かが変わるのですから、新しい仲間を受け入れる皆さんの胸は期待で膨らみます。 私***
仕事

仕事のマナーの基本【社内編】「始業前の準備」

下準備を整えてスムーズに仕事をスタート! 新人は誤解しがちてすが、始業時刻イコール出社すべき時間ではありません。 というのも、働く前には制服に着替えたり、パソコンを立ち上げたり、必要書類を取り出したりといった、準備作業が必要だからです。 そのため始業時間きりぎりに出社すると、定***
仕事

人事・採用術「小さな会社が大切にしなければいけないもの」

誇りを持って本物を求める 「うちみたいな小さな会社は、なかなか優秀な人は採れません」 中小企業の社長や採用関係者の第一声で特に多いのがこの言葉です。 採用関係者の想いを含んだ、決して軽くない言葉だと思うのですが、もしそこに「大企業ではなく、中小企業なのだから、そんなに優秀な人で***
仕事

稼げる男は相手の期待を「少しだけ」上回ります

稼げない男は「完璧」を目指します 誤字脱字や数字のミスがあると、その他の箇所もミスかないか心配になるでしょう。 これはある意味正しいですが、正しくない面もあります。全ての仕事の作業を同じレベル・密度で行うと、仕事の速度は遅くなるし、量もさばけません。 仕事には、カの「入れ所」と「抜***
仕事

身だしなみと社会人の基本マナー「オフィスでの人間関係」

相手の役職を踏まえた接し方を身につけましょう 会社には課長や部長といった役職があり、役職が上になるほど権限や責任が大きくなります。かつては年功序列で年長者が役職も上という組織が一般的でしたが、最近では実力主義が浸透し、年下の上司・年上の部下がいる会社も多くあります。 こうした場合は、社歴や年***
仕事

身だしなみと社会人の基本マナー「エレベーターや廊下でのマナー」

社外の人も使う共有スペースでのマナーに注意 エレベーターや廊下では、自社の社員だけでなく、来客や出入りの業者さんなど不特定多数の人が通行するスペースとなっています。 社内だからといって気を抜いたり、急いでいるからといって傍若無人にふるまったりするのはNGですね。 誰もが気持ちよく利用で***